プラネタリウム

移動天文車 きらら号

「きらら号」は、20cm屈折クーデ式望遠鏡をのせた移動天文車です。めざす星がどの方向にあっても、常に観測者の眼の位置は変わらないしくみです。このために楽な姿勢で星を眺めることができます。皆さんからの希望により、市内各地へでかけて天体観望会をおこないます。料金は、無料です。
天文ボランティアの協力により、きらら号以外に、小型の望遠鏡などの機材も準備します。

お読み下さい

皆さんが行う天体観望会に移動天文車「きらら号」を利用する場合の、派遣申請の方法や注意事項などをご案内します。きらら号を有効にご活用ください。
 

①いつ派遣できるの?

令和3年度、きらら号を派遣できる日はこちらのカレンダーをご覧ください。
 
 カレンダーのページへ 
 
博物館の休館日(月曜日・年末年始など)、車両点検、望遠鏡整備、プラネタリウムイベント時は派遣できません。
 

②どこに派遣できるの?   

四日市市内および市外。
 

③料金はかかるの?     

四日市市内は無料。(会場と電源の確保などをお願いします)
 

④派遣できる時間帯は?

【午前】
10時30分〜12時
【午後】
13時30分〜15時
【夜間】
18時〜21時の時間帯で、連続する90分以内
 

⑤どんな団体に派遣できるの?

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校およびそのPTAまたは保護者会、地区市民センター、地区各種団体(自治会・老人会・婦人会・子ども会・育成会など)、市内の企業、事業所、友人・知人のグループなどが主催し、参加者が20名以上見込める団体に派遣できます。 ただし、特定の宗教を布教する活動、特定の政党等を支援する活動には、派遣することはできません。
 
※詳しい申請方法や注意事項については、派遣申請要領をダウンロードしてお読みください。 
移動天文車「きらら号」派遣申請要領をダウンロード
 

博物館までお電話ください

059-355-2703(天文係) 
 

ご質問にお答えします

●初めてお申込みをしていただく場合など、「きらら号」の派遣についてご説明いたします。お気軽にお問い合わせください。
 

予約状況をご確認ください

●希望する日をお知らせください。
●実施希望日の前年度の2月1日から6週間前までに先着順で受付けます。
 

仮予約をします

●開催場所や参加者数などをお知らせください。
 
派遣申請書をご記入ください

「移動天文車派遣申請書」に必要事項をご記入ください。
移動天文車派遣申請書をダウンロード(Word形式)
 
博物館(天文係)まで申請書をご提出ください。
●FAXの場合・・・059-355-2704へ
●郵送の場合・・・〒510-0075 四日市市安島一丁目3番16号 四日市市立博物館 天文係 へ
 
博物館にて申請書の受理をします

派遣の手続きを正式に受付けます。
 
申請書の控えを発行します

予約が完了したことをお知らせします。
●申請書(控)を郵送しますので、観望会当日まで大切に保管ください。
●申請書の提出後、14日以上経過しても連絡が無い場合は、お手数ですが博物館 天文係(059-355-2703)までお問い合わせください。
 
天候の判断をします

観望会開始時刻の3時間前にお電話ください。
●現地の天候をお知らせください。派遣の可否を決めます。
●午前中の観望会の場合は、前日の17時に実施の可否決定をする場合があります。