○四日市市公衆浴場法施行細則

平成20年3月31日

規則第43号

(趣旨)

第1条 この規則は、公衆浴場法(昭和23年法律第139号。以下「法」という。)の施行に関し、公衆浴場法施行規則(平成23年厚生省令第27号。以下「省令」という。)及び四日市市公衆浴場法施行条例(平成24年四日市市条例第16号。以下「条例」という。)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成24年規則29号〕)

(許可の申請)

第2条 省令第1条の規定による営業許可の申請書は、公衆浴場営業許可申請書(第1号様式)によるものとする。

(相続の場合の承継の届出)

第3条 省令第2条第1項の相続による営業者の地位の承継の届出書は、公衆浴場営業相続承継届出書(第2号様式)によるものとする。

(合併の場合の承継届)

第4条 省令第3条第1項の合併による営業者の地位の承継の届出書は、公衆浴場営業合併承継届出書(第3号様式)によるものとする。

(分割の場合の承継の届出)

第5条 省令第3条の2第1項の分割による営業者の地位の承継の届出書は、公衆浴場営業分割承継届出書(第4号様式)によるものとする。

(変更等の届出)

第6条 省令第4条の規定による変更等の届出は、公衆浴場営業許可申請書(承継届出書)記載事項変更届出書(第5号様式)、公衆浴場営業停止届出書(第6号様式)又は公衆浴場営業廃止届出書(第7号様式)によるものとする。

(水質基準)

第7条 条例第4条第1項第2号イの規則で定める水質基準は、次のとおりとする。

(1) 濁度は、5度以下であること。

(2) 有機物(全有機炭素(TOC)の量をいう。)は、1リットルにつき8ミリグラム以下又は過マンガン酸カリウム消費量は、1リットルにつき25ミリグラム以下であること。

(3) 大腸菌群(グラム陰性の無芽胞性の桿菌であって、乳糖を分解して、酸とガスを形成するすべての好気性又は通性嫌気性の菌をいう。)は、1ミリリットルにつき1個以下であること。

(4) レジオネラ属菌は、100ミリリットルにつき10CFU未満であること。

2 浴槽の湯として温泉、薬湯等を使用する場合であって、市長が公衆衛生上支障がないと認めたときは、前項の基準を適用しないことができる。

(追加〔平成24年規則29号〕、一部改正〔令和2年規則71号〕)

(衛生等の基準)

第8条 条例第4条第1項第2号ウの衛生の基準は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 入浴者の見やすい場所に入浴者が公衆衛生上遵守しなければならない事項及び入浴料金を掲示すること。

(2) 入浴者には、くし、タオル、かみそり等を貸与しないこと。ただし、入浴者1人ごとに消毒した清潔なくし及びタオルを貸与する場合は、この限りでない。

(3) ねずみ及び衛生害虫については、定期的に点検を行うこと。

(4) 飲料水は、水道法(昭和32年法律第177号)第4条に規定する基準に適合していること。

(5) 入浴者のはきものを安全に保管することができる設備を入浴者数に応じて設けること。

(6) 脱衣室には、入浴者の衣類その他の携帯品を安全に保管できる設備を入浴者数に応じて設けること。

(7) 脱衣室及び浴室には、くず入れ及び使用済みのかみそりを廃棄するための容器を備えること。

(8) 脱衣室に洗濯機、乾燥機、自動販売機等を設置する場合は、脱衣室の機能に支障を来さない場所に設けること。

(9) 洗い場には、入浴者数に応じた湯おけ及び腰掛け台を備えること。

(10) 入浴者が利用する娯楽室、マッサージ室、アスレチック室等を設ける場合は、脱衣室及び浴室と明確に区分すること。

(11) 営業時間中は、常に点検を行ない入浴者の安全を確保すること。

(追加〔平成24年規則29号〕)

(各個室への出入口の基準)

第9条 条例第4条第1項第4号セの規則で定める各個室への出入口の基準は、幅0.7メートル以上、高さ1.8メートル以上で、開放したものとし、出入口から内部の見通しを妨げない構造のものとする。

(追加〔平成24年規則29号〕)

(読替規定)

第10条 四日市市保健所長に対する事務の委任に関する規則(平成20年四日市市規則第32号)第24条の規定により、同規則第9条の規定を適用しないときは、この規則の様式中「四日市市保健所長」とあるのは「四日市市長」とする。

(追加〔平成23年規則35号〕、一部改正〔平成24年規則29号・令和2年30号〕)

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年8月31日規則第35号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年9月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日規則第29号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日規則第30号抄)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年12月14日規則第71号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年12月15日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前に、改正前の四日市市公衆浴場法施行細則の規定に基づいて作成した申請書の用紙は、当分の間、これを使用することができる。

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

(全部改正〔令和2年規則71号〕)

画像

四日市市公衆浴場法施行細則

平成20年3月31日 規則第43号

(令和2年12月15日施行)