久留倍官衙遺跡くるべかんがいせき

久留倍官衙遺跡

久留倍官衙遺跡=朝明郡役所跡は、Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期と時代によって性格の異なる建物が建てられていました。
Ⅰ期(飛鳥時代:7世紀第3四半期=650675年の新しいころ、つまり670年ころ?か~奈良時代:8世紀前半頃)に、正殿・脇殿・東門(八脚門)とそれを囲む塀からなる郡衙政庁が、東向きに建てられていました。郡の政治を行う中心的な建物群です。
Ⅱ期(奈良時代:8世紀中頃から後半)では、全国的にもまれな長くて大きい建物を中心とした建物群が建てられていました。
Ⅲ期(奈良時代末~平安時代前期)では、税で集められた稲をおさめる床を持つ構造の正倉が複数建てられ正倉院が形成されていました。
 
疑問? 
なぜ東向きの建物が建てられたのでしょうか? Ⅰ期のあと、郡の中心の建物はどうなってしまったのでしょう? Ⅱ期の大きな建物は何に使われたのでしょう?
・ ・ ・みなさん、考えてみませんか・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 

ニュース&更新情報

「イベント情報」を更新しました。     
久留倍官衙遺跡公園のボランティアを募集します。 
「整備ニュース Vol.8」をアップしました。 

 
シンポジウム 斎宮跡と久留倍官衙遺跡
壬申の乱と斎宮

11月25日(土)
13時20分〜16時30分

【会場】四日市市立博物館 講座室
 

整備ニュース整備ニュース
現在の整備状況です。
学習資料
遺跡にまつわる資料です。
イベント情報イベント情報
イベントのお知らせです。
お問い合わせお問い合わせ
お問い合わせはこちら。