○市立四日市病院事務局規程

平成17年4月1日

病院管理規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、市立四日市病院処務規程(平成17年病院管理規程第4号)第2条第3項の規定に基づき、市立四日市病院の事務を処理するため必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 事務局に次の課及び係を置く。

総務課

総務係

調達係

情報処理係

経営企画課

施設課

医事課

(一部改正〔平成20年病院管理規程7号・26年3号・令和4年3号〕)

(職制)

第3条 事務局に事務長、課に課長、係に係長を置く。

2 事務局に次長、検査監及び政策推進監を置くことができる。

3 課に課長補佐を置くことができる。

4 四日市市役所処務規程(昭和22年四日市市規程第4号)第3条第2項の規定は、事務局にこれを準用する。

(一部改正〔平成22年病院管理規程4号・26年3号〕)

(職務)

第4条 事務長は、上司の命を受け所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 次長は、事務長を補佐して事務局の事務に従事し、事務長に事故あるときは、その職務を代行する。

3 検査監は、上司の命を受け工事検査に関する事務を処理する。

4 政策推進監は、上司の命を受け政策の推進、調整その他特定の事務を処理する。

5 課長は、上司の命を受けて課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

6 課長補佐は、課長を補佐して課の事務に従事し、課長に事故があるときは、その職務を代行する。

7 係長は、上司の命を受けて係の事務を掌理する。

8 事務長及び次長ともに事故あるときは、筆頭課長より順次その事務を代行し、課長及び課長補佐ともに事故あるときは、筆頭の係長から順次課長の事務を代行する。

(一部改正〔平成22年病院管理規程4号・26年3号〕)

(事務分掌)

第5条 課及び係の事務分掌は、次のとおりとする。

総務課

総務係

(1) 文書の収受、発送、編さん及び保存に関すること。

(2) 院内諸規程に関すること。

(3) 職員の人事管理及び給与事務に関すること。

(4) 職員の福利厚生及び保健衛生に関すること。

(5) 臨床研修に関すること。

(6) 図書室の管理運営に関すること。

(7) 電話交換に関すること。

(8) 業務用寝具及び洗濯に関すること。

(9) 委託業務の契約に関すること。

(10) 公用自動車の管理及び配車に関すること。

(11) 院内事務の連絡調整に関すること。

(12) 就職準備資金に関すること。

(13) 旧高等看護学院の学事に関すること。

(14) 院内託児所に関すること。

(15) 局及び課の庶務に関すること。

(16) 他の課及び係の主管に属しない事項に関すること。

調達係

(1) 物品の調達及び修繕発注並びに検収に関すること。

(2) 印刷物の発注及び検収に関すること。

(3) 物品の総括管理事務に関すること。

(4) 貯蔵品(薬品、給食材料を除く。)の出納及び保管に関すること。

(5) 不用物品の処分に関すること。

(6) 物品の規格制定及び標準単価表の作成に関すること。

(7) 医療機器等の保守契約に関すること。

(8) 工事の契約に関すること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、調達に関すること。

情報処理係

(1) 医療システムの調査及び研究に関すること。

(2) 電子計算機の適用業務の開発及び処理に関すること。

(3) 電子計算機の管理運用に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、情報処理に関すること。

経営企画課

(1) 経営計画の策定に関すること。

(2) 経営計画の進捗管理に関すること。

(3) 病院経営に係る統計、調査、分析、企画、総合調整に関すること。

(4) 病院運営の改善に関すること。

(5) 予算の原案作成及び統制に関すること。

(6) 現金、有価証券の出納及び保管に関すること。

(7) 会計伝票の審査及び執行に関すること。

(8) 資金計画及び一時借入金に関すること。

(9) 証拠書類の整備及び保存に関すること。

(10) 業務状況及び経理状況の報告に関すること。

(11) 財務諸表の作成及び決算に関すること。

(12) 出納取扱金融機関に関すること。

(13) 経理状況の調査、研究に関すること。

(14) 起債に関すること。

(15) 前各号に掲げるもののほか、病院経営に関すること。

(16) 課の庶務に関すること。

施設課

(1) 病院施設(動産を除く。以下同じ。)改修に係る計画及び整備推進に関すること。

(2) 病院庁舎及び駐車場の管理運営に関すること。

(3) 土地、建物及び設備の維持管理並びに修繕に関すること。

(4) 工事の設計及び施行並びに監督及び検査に関すること。

(5) 防災及び警備に関すること。

(6) 病院施設内の清掃及び廃棄物の処理に関すること。

(7) 器械備品等(医療機器を除く。)の点検整備に関すること。

(8) 病院用財産の取得、使用許可及び処分に関すること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、病院施設の管理に関すること。

(10) 課の庶務に関すること。

医事課

(1) 患者の受付に関すること。

(2) 患者の入院及び退院に関すること。

(3) 診療報酬その他医業収入金の徴収に関すること。

(4) 前号に係る過誤納金の還付に関すること。

(5) 診療証明書に関すること。

(6) 医事統計に関すること。

(7) 診療報酬の請求に必要な関係法令等に基づく報告、届出、許可、認可等の諸手続に関すること。

(8) 栄養管理室に係る経理事務及び連絡調整に関すること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、医事に関すること。

(10) 課の庶務に関すること

(一部改正〔平成20年病院管理規程7号・21年4号・26年3号・令和4年3号〕)

(決裁及び専決事項)

第6条 病院事業管理者が決裁する事項並びに事務長及び課長が専決する事項は、別表のとおりとする。

2 検査監が専決する事項は、別表に掲げる課長専決区分に定める事項とする。

3 前2項の規定にかかわらず、別表に掲げていない事項であっても、その内容により専決することが必要であり、かつ適当であると類推できるものは、専決区分に準じて専決することができる。

(一部改正〔平成22年病院管理規程4号〕)

(準用)

第7条 この規程に定めるもののほか、四日市市市役所処務規程及び四日市市事務専決規程(昭和35年訓令甲第7号)の規定を準用するものとする。

(一部改正〔平成20年病院管理規程7号〕)

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月24日病院管理規程第7号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月25日病院管理規程第4号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年5月31日病院管理規程第4号)

この規程は、平成22年6月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日病院管理規程第3号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和4年3月1日病院管理規程第3号)

この規程は、令和4年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

(一部改正〔平成20年病院管理規程7号・21年4号・26年3号〕)

(1) 一般的な事項

事項

管理者

専決区分

備考

事務長

課長

1 基本方針の決定に関すること。




2 告示、公告、達及び指令に関すること。

特に重要

重要

軽易


3 業務処理の基準、要綱、要領等の制定、改廃

特に重要

重要

軽易


4 照会、回答、通知、報告、依頼、申請、進達、届、諮問及び協議等の処理

特に重要

重要

定例的かつ軽易


5 学会、協議会等病院関係諸団体への加入、脱会の決定

特に重要

重要

軽易


6 病院雑誌等出版物の刊行

重要

軽易

定例的かつ軽易


7 執務、業務計画の決定

特に重要

重要

軽易


8 調査、統計の実施

特に重要

重要

軽易


9 原簿、台帳等の作成、整備




10 公印の管守




11 執務日誌の検閲




12 自動車の配車等




13 文書の収受及び発送




14 文書、病歴、設計図書等の整理、編さん及び保存




15 主管業務に係る公文書の公開

特に重要

重要

軽易


16 個人情報保護条例に基づく次の事務





(1) 個人情報事務の届けに関すること。




(2) 四日市市情報公開・個人情報保護審査会への諮問に関すること。




(3) 個人情報の開示、訂正、削除及び中止の決定に関すること。


重要

軽易


17 被服の貸与




18 拾得物の処理




19 防火管理者の選任




20 電気主任技術者の選任



施設課長に限る。

21 消防訓練の実施




(2) 人事に関する事項

事項

管理者

専決区分

備考

事務長

課長

1 係勤務職員の配置命令




2 市外、市内出張命令及び復命

事務長

参事及び課長

その他の職員(副参事を含む。)


3 時間外勤務及び休日勤務命令




4 職員の休暇(組合休暇及び特別休暇のうち別に定めるものを除く。)及び早退等の承認又は欠勤の届の受理

事務長

参事及び課長

その他の職員(副参事を含む。)


5 勤務時間等の振替、変更




(3) 財務に関する事項

事項

管理者

専決区分

備考

事務長

課長

1 医業収入その他収入金の徴収




2 医業収入その他収入金の延納及び分納




3 収入金に係る過誤納金の還付




4 欠損処分に関すること。

重要

軽易



5 財産(基金を除く。)の処分

500万円以上

基準によるもの及び50万円以上500万円未満のもの

50万円未満

総務課長に限る。現金の支出を伴わない除却処分を含む。1件の帳簿価格又は見積価格

6 行政財産の目的外使用の許可

重要

軽易

定例的かつ軽易


7 職員公舎等の使用許可




8 工事又は施設の修繕に係る請負及び委託契約の締結

3,000万円以上

500万円以上3,000万円未満

500万円未満

総務課長に限る。

9 工事請負費、建物修繕費に係る発注



100万円未満

施設課長に限る。

10 医薬品その他の材料の購入

1,000万円以上

購入総額又は購入単価を定め、かつ随時購入を内容とする契約に基づくもの及び100万円以上1,000万円未満のもの

100万円未満


11 前項以外の物品の調達、修繕及び供給契約

1,000万円以上

100万円以上1,000万円未満

100万円未満


12 委託及び賃借契約の締結

1,000万円以上

100万円以上1,000万円未満

100万円未満

1件の契約金額の年額又は総額

13 前5項に係る予定価格及び最低制限価格の決定



総務課長に限る。

ただし、第9項については施設課長に限る。

14 物品の規格制定及び標準単価表の決定




15 物品納入業者等の調査、登録並びに指名及び入札条件の決定




16 前記以外で次の予算科目に係る支出の原因となる行為の執行の決定





(1) 給与費(報酬、賃金を除く。)




(2) 報酬




(3) 賃金




(4) 報償費及び謝金




(5) 旅費交通費

出張命令の決定区分による。




(6) 食糧費

50万円以上

5万円以上50万円未満

5万円未満


(7) 交際費

50万円以上

3万円以上50万円未満

3万円未満


(8) 負担金及び補助金

1,000万円以上

10万円以上1,000万円未満

10万円未満


(9) 償還金及び支払利息




(10) 長期貸付金

100万円以上

10万円以上100万円未満

10万円未満


(11) 減価償却費その他現金支出を伴わない経費


予算を超えるもの

予算の範囲内


(12) 工事請負費、建物修繕費及び工事に係る委託料

3,000万円以上

300万円以上3,000万円未満

300万円未満


(13) その他の予算科目

2,000万円以上

300万円以上2,000万円未満

300万円未満


17 国、県等の補助金等に関すること。





(1) 交付申請

1,000万円以上

1,000万円未満



(2) 請求




(3) 精算




18 一時借入金の借入申込み




19 予算の流用の決定

1,000万円以上

100万円以上1,000万円未満

100万円未満


20 予備費の充用の決定

300万円以上

300万円未満



21 支出命令に関すること。





(1) 給与費




(2) 償還金及び支払利息




(3) その他の予算科目


3,000万円以上

3,000万円未満


22 収入又は支出科目の更正




23 貯蔵品の出納命令




24 前払金、その他流動資産、前受金及び預り金等その他流動負債の受払いに関すること。


3,000万円以上

3,000万円未満


市立四日市病院事務局規程

平成17年4月1日 病院管理規程第5号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第15類 公営企業/第2章 病院事業
沿革情報
平成17年4月1日 病院管理規程第5号
平成20年3月24日 病院管理規程第7号
平成21年3月25日 病院管理規程第4号
平成22年5月31日 病院管理規程第4号
平成26年3月28日 病院管理規程第3号
令和4年3月1日 病院管理規程第3号