○四日市市高齢者おむつ支援事業実施要綱

平成12年3月31日

告示第114号

(目的)

第1条 この事業は、在宅のねたきり高齢者および認知症高齢者(以下「ねたきり高齢者等」という。)に対し、おむつを支給(貸与を含む。)することにより、ねたきり高齢者等及び介護者の支援を図ることを目的とする。

(一部改正〔平成18年告示106号〕)

(支給対象者)

第2条 おむつの支給対象者は、本市に住所を有し在宅にて生活する者であって、以下の要件を全て満たす者とする。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護を受給している者を除く。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号)第19条第1項に規定する要介護認定において要介護3より重度と判定されていること。

(2) 市民税が非課税であること。

(3) ねたきり高齢者等で、常時おむつ等が必要であると認められること。

(一部改正〔平成18年告示106号・令和3年200号〕)

(支給の額等)

第3条 支給の額は、1月当たりのおむつの購入にかかる費用が上限額を超える場合は上限額とし、それ以下のものはその実額とする。なお、上限額については、支給対象者の属する世帯が市民税非課税の場合は6,500円、支給対象者の属する世帯が市民税課税の場合は5,000円とする。

2 支給方法は、金額相当の四日市市おむつ等引換券(以下「引換券」という。)によるものとする。

3 引換券の支給は500円毎とし、500円に満たない端数については、支給の対象としない。

(一部改正〔平成18年告示106号・令和3年200号〕)

(申請等)

第4条 おむつの支給を受けようとする者は、四日市市高齢者おむつ支援申請書(第1号様式)により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請を受理したときは、速やかに調査を行い、支給の必要性があると認めた者には四日市市高齢者おむつ支援決定通知書(第2号様式)により通知するとともに、四日市市おむつ引換券(以下「引換券」という。)(第3号様式)を申請月の翌月から交付し、支給の必要がないと認めた者には四日市市高齢者おむつ支援却下通知書(第4号様式)により通知するものとする。

(一部改正〔平成18年告示106号・22年121号〕)

(おむつの引き換え等)

第5条 前条第2項の規定により、引換券の交付を受けたねたきり高齢者等又は介護者は、引換券の取扱店において引き換えができる範囲内で、希望する紙おむつ、リハビリパンツ、布おむつ、尿取りパッド、お尻ふき、介護用手袋及び介護用防水シーツ並びにこれらの配送にかかる費用と引き換えるものとする。

(一部改正〔令和3年告示200号〕)

(支給の一時停止)

第6条 市長は、おむつの支給を受けているねたきり高齢者等が、次の各号のいずれかに該当したときは、当該ねたきり高齢者等に対するおむつの支給を一時停止するものとする。

(1) 病院(病院又は診療所)へ1月以上入院したとき。

(2) 介護老人保健施設若しくは介護医療院へ入所又は介護療養型医療施設へ入院したとき。

(3) 短期入所生活介護又は短期入所療養介護を続けて1月以上利用したとき。

2 介護者は、当該ねたきり高齢者等が前項各号のいずれかに該当したときは、速やかに市長に申し出なければならない。

3 第1項の規定により、引換券の支給を一時停止されている対象者が、同項各号のいずれにも該当しなくなった後に、引換券の支給再開を希望する場合は、市長に申し出なければならない。

4 市長は、前項の規定により申し出た月の翌月から引換券の交付を再開するものとする。

(一部改正〔平成17年告示77号・23年94号・24年141号・令和3年200号〕)

(支給対象からの除外)

第7条 市長は、おむつの支給を受けているねたきり高齢者等が、次の各号のいずれかに該当したときは、第2条に規定する支給対象から除くものとする。

(1) 前条第1項第1号の入院が引き続き3か月を超えたとき。

(2) 介護老人福祉施設に入所したとき。

(3) 前条第1項第2号の入所・入院が引き続き3か月を超えたとき。

(4) グループホーム、ケアハウス、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅に入所したとき。

(5) 生活保護法による保護を受給することになったとき。

(6) 四日市市に住所を有しなくなったとき。

(7) 死亡したとき。

(8) 第2条に定める基準に該当しなくなったとき。

(追加〔平成17年告示77号〕、一部改正〔平成18年告示106号・22年121号・24年141号・令和3年200号〕)

第8条 前条により支給対象から除外となった者が再び支給対象となった場合は、あらためて市長に申請しなければならない。

(追加〔平成17年告示77号〕)

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(一部改正〔平成17年告示77号〕)

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

(一部改正〔平成17年告示77号〕)

(楠町との合併に伴う経過措置)

2 平成17年2月7日(以下「合併日」という。)前に、楠町在宅ねたきり老人等及び重度心身障害者(児)おむつ給付事業実施要綱(平成12年楠町告示第25―1号。以下「楠町の要綱」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

(追加〔平成17年告示77号〕)

3 合併日の前日において楠町の要綱の規定により給付登録台帳に登録されていた者にかかるおむつの支給については、合併日から平成17年3月31日までは、この要綱の規定にかかわらず、なお楠町の要綱の例による。

(追加〔平成17年告示77号〕)

附 則(平成15年3月14日告示第76号)

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年2月4日告示第77号)

この要綱は、平成17年2月7日から施行する。

附 則(平成18年3月30日告示第106号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日告示第121号)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日告示第94号)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日告示第141号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月31日告示第200号)

(施行期日)

1 この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱による改正後の四日市市高齢者おむつ支援事業実施要綱の規定は、施行日以後になされた支給決定に係る引換券の支給の額等について適用し、同日前になされた支給決定に係る引換券の支給の額等については、なお従前の例による。

(全部改正〔令和3年告示200号〕)

画像

(全部改正〔平成24年告示141号〕)

画像

(一部改正〔平成17年告示77号〕)

画像

(一部改正〔平成18年告示106号〕)

画像

四日市市高齢者おむつ支援事業実施要綱

平成12年3月31日 告示第114号

(令和3年4月1日施行)