いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会宇都宮市実行委員会への都道府県応援のぼり旗引継式および激励訪問について | 三重とこわか国体・三重とこわか大会 四日市会場|第76回国民体育大会,第21回全国障害者スポーツ大会

三重とこわか国体・三重とこわか大会 logo

TOPページ > TOPICS

いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会宇都宮市実行委員会への都道府県応援のぼり旗引継式および激励訪問について

2021年12月14日

 

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止となった、三重とこわか国体(第76回国民体育大会)・三重とこわか大会(第21回全国障害者スポーツ大会)の歓迎装飾として市内公立小中学校の児童・生徒が制作した「都道府県応援のぼり旗」を、鹿児島市から本市に贈られたのぼり旗とあわせて、来年栃木県において開催される、いちご一会とちぎ国体(第77回国民体育大会)・いちご一会とちぎ大会(第22回全国障害者スポーツ大会)の開催市である宇都宮市に引継ぎ、本市で培ってきた機運と想いを込め、両大会の成功に向けた激励訪問を行いました。

 

 

1.日 時 令和3年12月14日(火)
      14時00分から14時30分

 

2.会 場 宇都宮市役所3階特別会議室
      (栃木県宇都宮市旭1丁目1-5)

 

3.対応者 <受領者>
      宇都宮市長 佐藤 栄一
       (いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宇都宮市実行委員会会長)
     <寄贈者>
      四日市市長 森 智広
       (三重とこわか国体・三重とこわか大会四日市市実行委員会会長)

 

4.四日市市長のコメント
 「三重とこわか国体・三重とこわか大会は中止となってしまいましたが、本市では、全国からの選手・監督・観覧者の方々をおもてなしの心で迎えようと市民一丸となって準備を進めてきました。この想いは、いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会の開催に向け準備を進めておられるスタッフの方々や宇都宮市民の方々も同じだと思います。本日は、両大会の成功を祈って、四日市市民が培ってきた国体・大会への機運を、未来を担う子どもたちが選手たちへの応援の気持ちを込め制作した「都道府県応援のぼり旗」とともに、鹿児島市の想いも含め、四日市市民を代表し届けに参りました。来年度の国体・大会が成功することを心よりお祈り申し上げます。」

 

5.宇都宮市長のコメント
 「国体開催に向けて準備を進めている本市としては、三重とこわか国体・三重とこわか大会が中止になったことに対する四日市市の悔しさは、計り知れないものであると感じています。いただいたのぼり旗は、いちご一会とちぎ国体の競技会場において、全国から訪れる選手・監督の皆様の思い出に残るようなフォトスポットとして設置をするなど、責任をもって、四日市市・鹿児島市両市の熱い思いをとちぎ国体へとつないでいきたいと思います。」

 

6.寄贈したのぼり旗 都道府県応援のぼり旗(94旗)
           (内訳)市内公立小中学校制作のぼり旗(47旗)
              鹿児島市から贈られたのぼり旗(47旗)

 

7.その他  いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会
        (国体)令和4年10月1日(土)~11日(火)
        (大会)令和4年10月29日(土)~31日(月)
       宇都宮市では正式競技13競技、障がい者スポーツ競技5競技が開催されます。
       そのうち、正式競技5競技、障がい者スポーツ競技1競技が、本市と同じ開催競技です。