呼吸器外科

スタッフ

石田 順造(呼吸器外科部長)
卒業年次:平成8年卒
専 門:呼吸器外科、肺癌の集学的治療
資 格:医学博士、外科専門医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医・指導医

増田 達也
専 門:呼吸器外科
 

対象疾患

胸部悪性腫瘍(原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍など)や気胸、炎症性肺疾患など(原則として手術治療症例)


当科の主な対象疾患の治療方針

【原発性肺癌】

 肺癌診療(手術)ガイドラインに準じた標準的な治療選択を基本といたしますが、当院の患者さんの中には周術期経過に影響が心配される併存疾患(持病)を有しておられる方や、高齢の方がしばしばおみえになります。そのような患者さんにはQ.O.L.に配慮した治療選択を重視しています。手術適応は臨床病期IIIA期(の一部)までとしています。上皮内癌(CIS)や微小浸潤癌(MIA)が疑われる症例では縮小手術(広範囲楔状切除や区域切除)をお勧めすることがあります。また臨床病期I期肺癌は2019年4月より完全胸腔鏡下肺葉(区域)切除を標準術式としています。臨床病期II期以上の局所進行肺癌症例や、I期であっても手術の安全性や癌の根治性に影響があると考えられる場合は胸腔鏡補助下もしくは開胸下で手術を行います。
事前に外来で十分なインフォームド・コンセントを行い、当院の治療方針や手術法にご納得いただいた上で手術を行うよう努めています。

【自然気胸】

 当院では気胸患者さんは原則的に呼吸器内科で治療し、手術適応のある患者さんのみ呼吸器外科で治療しています。胸腔ドレナージでコントロールの難しい血胸を併発している場合や空気漏れが著しく肺の再膨張が十分得られない場合、両側同時性気胸などの絶対的手術適応と考えられる症例は早期の手術をお勧めします。また 長期間肺瘻(肺の空気漏れ)が遷延している場合、 再発を繰り返し精神的・肉体的なダメージが大きく社会生活に支障をきたしている場合 、初発でも学業や仕事などの社会的要因でぜひとも当面の再発を予防したい場合、胸部CTで気胸の責任病巣と考えられる明らかな嚢胞を認める場合などの相対的手術適応と考えられる症例は十分なインフォームド・コンセントを行った上、希望された方に手術を施行いたしております。完全胸腔鏡下でのアプローチを標準とし、できるだけ低侵襲な手術を行うよう努めています。

2018年診療実績

*全手術症例数 90例 
*内訳  
 肺悪性腫瘍手術 50例
原発性肺癌  
37例:葉切除(含2葉切除)30例、区域切除2例、広範囲楔状切除5例
 転移性肺腫瘍 13例
 気胸手術 35例
 縦隔腫瘍手術 3例
  その他(急性膿胸、非結核性抗酸菌症) 2例

外来診療

火・木曜日の午前・午後:
担当 石田
(初診は基本的には午後の診察となります。紹介状をお持ちになり、事前に電話で予約をお取りください。できるだけご家族様と一緒に受診してください。)
水曜日の午前:
担当 増田(再診のみ)


All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。