眼科

スタッフ

恒川 太一 (つねかわ たいち) 平成25年卒 眼科部長
眼科専門医
専門 黄斑疾患
木村 友哉 (きむら ゆうや) 平成30年卒 眼科医員
三井 康平 (みつい こうへい) 平成31年卒 眼科医員

 


特色

 三重県北勢地区の基幹病院として、急性期の疾患を中心に眼科疾患全般(外眼部・斜視弱視・角膜・白内障・緑内障・網膜硝子体疾患)に対応しています。そのため、状態の落ち着いている患者様  については近隣の医院の先生方に治療をお願いさせていただいております。
 手術は、レーザー・硝子体注射などの外来治療はもとより、白内障手術・緑内障手術・斜視手術・眼瞼手術などの外眼部手術・黄斑前膜・黄斑円孔・黄斑浮腫・網膜剥離・重症糖尿病網膜症・増殖性硝子体網膜症などに対する網膜硝子体手術まで幅広く行っております。以前行っておりました斜視手術および眼瞼手術は、現在施行しておりません。
 糖尿病など全身疾患に伴う眼科疾患や未熟児網膜症などは内科・小児科・NICUと連携して診療を行っています。視能訓練士による斜視弱視検査や各種検査にも力を入れています。
 緊急疾患にも随時対応して参ります。近隣の医療機関の先生方にはご紹介をいただけますと幸いです。


診療実績

術式 2019年 2020年
白内障手術 714 530
硝子体手術 127 98
緑内障手術 79 76
強膜内固定術 17 3
その他 47 27
合計 984 734
硝子体注射 1,729 2,156
レーザー治療 567 545


施設認定

 日本眼科学会認定専門医制度研修施設


主要医療機器

 手術用顕微鏡 3台
 硝子体・白内障手術用機器
 NGENUITY®3Dビジュアルシステム
 レーザー装置(マルチカラーレーザー・YAGレーザー・未熟児網膜症治療用レーザー)
 OCT(光干渉断層計)、OCTA(光干渉断層血管撮影)
 眼底カメラ(HRA)


外来診療

 初診:紹介状のある方のみにさせて頂きます。
 再診:完全予約制です。電話受け付けも可能です。
 散瞳検査について:ご自身の運転でご来院の際は、原則的に実施ができず、
 後日来院していただき改めて検査実施となります。

<一般外来>
 月曜〜金曜(午前)

<特殊外来>
 未熟児網膜症外来 月(午後)
 小児外来 水(午後)

<手術>
 火曜(午前・午後)、木曜(午後)



All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。