中央検査室のご紹介

検体検査部門

輸血検査部門

生理検査部門

中央採血室

臨床検査ガイド

心電図肺機能室 トレッドミル室

心電図検査

心臓の筋肉は規則正しく収縮を繰り返して、体全体に血液を送っています。心電図検査は心筋が収縮するときに起こる弱い電流を波形にして記録するものです。不整脈、狭心症、心肥大などが診断できます。

標準12誘導心電図
標準12誘導心電図
運動負荷心電図(トレッドミル)
運動負荷心電図
(トレッドミル)

標準12誘導心電図
両手首、両足首と、胸に6個の電極を付けて検査します。12方向から見た心電図波形が記録できます。
 ホルター心電図
携帯型の小さな心電計を身に着けて24時間の心電図を記録します。日常生活の一過性の不整脈、胸の痛みや動悸が起きた際の心電図変化。また、症状のない心電図変化を見つけることができます。
 運動負荷心電図
運動によって負荷をかけ、心電図異常の有無を調べます。階段昇降を行うマスター負荷心電図、ベルトの上を歩くトレッドミル、自転車をこぐエルゴメーターの3種類があります。

 

動脈検査

血圧脈波(ABI/CAVI/TBI)

全身の動脈硬化及び狭窄を調べる検査です。両腕、両足首の血圧比で四肢末梢血管における動脈硬化の程度や狭窄の有無を調べます。
ABIが低い場合下肢血管の閉塞性動脈硬化症の疑いがあります。
CAVIが高い場合動脈の血管壁が堅くなっていることを表します。
血管の石灰化が進行した方では、ABIの値が本来より高値となり正確な検査ができません。TBIは足首の代わりに石灰化を免れることが多い足の親指で血圧を測定することで、石灰化の強い患者さんでも閉塞病変を評価できます。

血圧脈波
(ABI/CAVI)

PTG(指尖容積脈波)

指先の細動脈の血流を調べます。

SPP(皮膚灌流圧)

皮膚の毛細血管の血流の評価をします。

肺機能検査

肺から空気を出し入れする機能を調べます。呼吸器疾患の重症度評価や手術時に全身麻酔を安全にかける為に呼吸機能を調べます。呼吸機能には必要に応じて各種検査小目があります。
肺活量(VC):肺の容積を調べます。
努力性肺活量(FVC):息を一気に吐いた時の勢いをグラフにします。
肺胞拡散能力(DLCO):吸った酸素の、肺から血液への取り込み状態を調べます。
残気量(RV):息を全部吐き出した時の残りの肺容積を調べます。
薬剤吸入効果:気管支拡張剤を吸入し、吸入前後の努力性肺活量を比較することで、薬剤の効果があるか調べます。

重心動揺検査

体の揺れの大きさ、どの方向に揺れやすいか、揺れのスピード、規則的な揺れをするかなどを分析します。

PSG(終夜睡眠ポリグラフィ検査)

睡眠時無呼吸症候群の精密検査です。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返し、一晩(7時間以上の睡眠)で10秒以上の無呼吸が30回以上生じる病態です。一泊入院して病棟で行います。


このページの最初へ戻る