このサイトではJAVAスクリプトを使用しています
HOME > トピックス(~平成26年度)
  • トピックス
  • 植物何でもQ&A
  • 四日市市ふれあい牧場
  • 茶業振興センター
  • 四日市市の農業
  • 四日市市気象データ
  • 適応農薬の検索

上記の観測データは、農作物の栽培管理に役立てることを目的に、農場の地表面近くの気温等を計測しているものです。データには設置環境による誤差等を含んでおり、気象業務法に定められている気象観測の対象外の観測となりますのでご注意ください。

トピックス

令和4年度 / 令和3年度 / 令和2年度 / 平成31年・令和元年度 / 平成30年度

平成29年度 / 平成28年度 / 平成27年度 / ~ 平成26年度

園芸教室花コースが開催されました。

園芸教室花コースが平成27年3月13日、当センターで開催され、応募のあった24名の方に受講していただきました。
土づくりから種まき、育苗、施肥、病害虫対策など、花づくりの基本について講義しました。
みなさん熱心に受講していただき、植え替え時期など様々な質問がありました。

 


教室での講義

四日市市立大池中学生が職場訪問。

四日市市立大池中学1年生の5名が平成27年3月10日、当センターを訪問してくれました。
学校事業の一環である地域事業所への訪問見学でしたが、仕事内容や農業の面白さ、大変さといった様々な質問があり、熱心に勉強してもらいました。

 


イチゴを見学する中学生

園芸教室果樹コースが開催されました。

園芸教室果樹コースが平成27年2月23日、当センターで開催され、応募のあった33名の方に受講していただきました。
苗木の植え方、剪定、施肥、摘果のやり方、病害虫対策など果樹栽培の基本について講義しました。
みなさん熱心に受講していただき、病害虫の防除の仕方など様々な質問がありました。

 


教室での講義

第46回温室メロン園地品評会表彰式が開催されました。

温室メロン園地品評会表彰式が平成27年2月17日、当センターで開催され、受賞者が表彰されました。
<各賞受賞者>
四日市市長賞:阿部英樹さん、三重県農業共済組合連合会長賞:藤澤康司さん、三重県園芸振興協会長賞:伊藤昭次さん、三重北農業協同組合長賞:中里享三さん、四日市温室園芸組合長賞:阿部英樹さん。
併せて平成26年度の出荷反省会があり、JA担当者から出荷数は減ったものの価格は一昨年より良かったことなどが報告されました。市場関係者からは、今後も北勢地区アールスメロンとして販売に力をいれていきたいので、引き続き頑張って生産していただきたいとの話がありました。

 


四日市市長賞:阿部英樹さん

出荷反省会

四日市温室園芸組合の加藤隆雄さんが市産業功労者表彰を受けられました。

四日市温室園芸組合の加藤隆雄さんが平成27年1月30日、市役所本庁舎で市長から四日市市産業功労者表彰を受けられました。
昭和38 年に県内で初めて観葉植物の専業農家として従事し、関東東海花の展覧会、三重県花き品評会において農林水産大臣賞を5 度受賞するなど、観葉植物栽培の先駆者として指導的役割を担ってこられたことや、当センターでの組織培養苗の生産・供給事業に当初から加わり、生産者の立場に立った意見を述べるなどその供給体制の確立に大きく貢献し、本市が高品質な観葉植物産地として、市場の評価を受ける基盤を構築、産業従事者の地位向上・安定に功績をあげられたことなどが評価されました。
現在、市内尾平町のガラス温室(四季菜 尾平店の西隣)で、アンスリウムを中心に栽培されています。

 


表彰状授与

前列右から2人目:加藤さん(前列中央:市長)

加藤さん夫婦

温室一面に咲き誇るアンスリウム

三重県立四日市農芸高校生がインターンシップで農業体験しました。

三重県立四日市農芸高校生産科販売情報コースの2年生が平成27年1月28日、当センターで松・ブルーベリーの剪定、ハッサクの収穫作業に熱心に取り組んでくれました。
寒い中での剪定となりましたが、震えながらも頑張って作業してくれました。
今回の体験が、将来の仕事選びに活かされることを願っています。

 


松の剪定

ブルーベリー剪定

ハッサク収穫

ハッサク袋詰め

園芸教室樹木コース(松の剪定)が開催されました。

園芸教室樹木コース(松の剪定)が平成27年1月26日、当センターで開催され、応募のあった36名の方に受講していただきました。
松は樹勢が強く、毎年剪定しないと樹形が崩れるということで、みどり摘み・もみ上げのやり方や時期について講義した後、剪定実習を行いました。
最初はハサミ入れにも恐々といった感じでしたが、クロマツ、ゴヨウマツと順次剪定し、様々な質問が飛び交う中、和気あいあいと行うことができました。
今後もこうした実習形式の講座を増やしていこうと思います。

 


教室での講義

剪定実習

四日市市立大池中学生がインターンシップで農業体験しました。

四日市市立大池中学2年生の3名が平成27年1月21日から23日の3日間、当センターで観葉植物の組織培養、いよかん・はっさく・イチゴ・レタス・キャベツの収穫、イチジク・リンゴ・松の剪定、温室内の除草、ホウレンソウの播種作業などに熱心に取り組んでくれました。
組織培養の細かい作業や剪定作業には苦戦したようですが、収穫作業ではいきいきと頑張って収穫してくれました。
今回の体験が、彼らの将来の活躍に活かされることを願っています。

 


観葉植物の組織培養

いよかんの収穫

イチゴの収穫

松の剪定

第54回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました。

四日市市の鮮やかな冬を彩る、恒例の冬の風物詩、第54回シクラメン品評会・展示即売会が11月26・27日の2日間、三重県四日市庁舎で開催されました。26日(水)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長 徳丸 文彦氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が市内の福祉施設などへ寄贈されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン18点54鉢を審査し、第54回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には鈴木 雅也氏(朝日町)が受賞されました。

 


福祉施設へシクラメンの寄贈

四日市市長賞等

審査員6名が出品作品を1鉢づつ入念に審査

会場の様子

 

各賞(金賞)受賞者

四日市市長賞[鈴木 雅也氏]・菰野町長賞[森澤 秀雄氏]・朝日町長賞[鈴木 雅也氏]・四日市市議会議長賞{田川 忠彦氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター長賞[森澤 秀雄氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[増田 康典氏]・三重北農業協同組合長賞[森澤 秀雄氏]・中日新聞社賞[増田 康典氏]・四日市温室園芸組合長賞[田川 忠彦氏]

第47回観葉植物品評会が開催されました。

5月23日(金曜日)、当センターにて「第47回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する6戸の農家が観葉植物を計40点出品しました。アンスリウム、グズマニア、スパティフィラム、アラレア等の恒例のものや、今年初めて出品された品種など各農家の自慢の一品が揃いました。厳正な審査の結果、尾平町の加藤隆雄さんの”アンスリウム フィオリノ”が四日市市長賞を受賞しました。加藤さんが精魂込めて栽培したものであります。

 


四日市市長賞  加藤 隆雄
アンスリウム ”フィオリノ”

菰野町長賞  阿部 鉄男
シェリゼリアナム

四日市鈴鹿地域農業 改良普及センター長賞
河内 清文 グズマニア ”オスタラ”

三重県農業共済組合連合会長賞
北川 博美 ツピタンサス

三重四日市農業協同組合長賞  藤井 義明
ネオレゲリア ”リオ・オブ・リオ”

中日新聞社賞  清水 万壽男
柱サボテン

 

 


市長賞受賞者加藤隆雄氏


審査の様子

即売会の様子

第53回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました。

四日市市の鮮やかな冬を彩る、恒例の冬の風物詩、第53回シクラメン品評会・展示即売会が11月28・29日の2日間、四日市農協会館8階で開催されました。28日(木)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長 増田 康典氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が市内の福祉施設などへ寄贈されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン18点54鉢を審査し、第53回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には徳丸文彦氏(四日市市野田町)が受賞されました。

 


福祉施設へシクラメンの寄贈

品評会受賞決定、市長賞

市長、受賞者 徳丸文彦氏で受賞記念写真撮影
市長賞受賞品種:シューベルト

議長、副議長、増田四日市温室園芸組合花き部長、
徳丸氏の四名で受賞記念写真撮影 市議会議長賞
受賞者 鈴木雅也氏:品種:ピュアホワイト

審査員6名が出品作品を1鉢づつ入念に審査

即売会の様子

 

各賞(金賞)受賞者

四日市市長賞[徳丸 文彦氏]・菰野町長賞[鈴木 雅也氏]・朝日町長賞[田川 忠彦氏]・四日市市議会議長賞{鈴木 雅也氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター長賞[徳丸 文彦氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[森澤 秀雄氏]・三重北農業協同組合長賞[田川 忠彦氏]・中日新聞社賞[森澤 秀雄氏]・四日市温室園芸組合長賞[鈴木 雅也氏]

第46回観葉植物品評会が開催されました

5月24日(金曜日)、当センターにて「第46回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する6戸の農家が観葉植物計39点出品しました。アンスリウム、グズマニア、スパティフィラム、アラレアなど各農家の自慢の一品が揃いました。
厳正な審査の結果、尾平町の加藤隆雄さんの”アンスリウム ダコタ”が四日市市長賞を受賞しました。

 


四日市市長賞  加藤 隆雄
アンスリウム ダコタ

菰野町長賞 河内 清文
グズマニア オスタラ

四日市鈴鹿地域農業
改良普及センター長賞
藤井 義明
フィロデンドロン ヤッコカズラ

三重県農業共済組合連合会長賞
阿部 鉄男
レインボーサンド植 シリンダー

三重北農業協同組合長賞
清水 万壽男
シェフレラ グランディー

中日新聞社賞
北川 博美
アラレア

市長と受賞者加藤隆雄氏

審査の様子

即売会の様子

第52回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました

四日市市の鮮やかな冬を彩る、恒例の冬の風物詩、第52回シクラメン品評会・展示即売会が今年も11月28・29日の2日間、四日市農協会館8階で開催されました。28日(水)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長山北 敬次氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が児童福祉課を通じ市内の福祉施設などへ寄贈されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン14点42鉢を審査し、第52回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には森澤 秀雄氏(四日市市水沢野田町)が受賞されました。

 


福祉部、橋本理事へシクラメンの寄贈

品評会受賞決定、市長賞・市議会議長賞

市長、受賞者 森澤秀雄氏(秀香縁)、花き部長
 山北敬次氏 三名で受賞記念写真撮影
市長賞受賞品種:ミディ赤

議長、副議長、森澤四日市温室園芸組合会長、
花き部長四名で受賞記念写真撮影
市議会議長賞 受賞者 鈴木雅也氏
品種:ストラウス

審査員6名が出品作品を1鉢づつ入念に審査

即売会の様子

 

各賞(金賞)受賞者

四日市市長賞[森澤 秀雄氏]・菰野町長賞[徳丸 文彦氏]・朝日町長賞[森澤 秀雄氏]・四日市市議会議長賞{鈴木 雅也氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター所長賞[田川 忠彦氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[鈴木 雅也氏]・三重四日市農業協同組合長賞[徳丸 文彦氏]・中日新聞社賞[田川 忠彦氏]・四日市温室園芸組合長賞[鈴木 啓文氏]

糠塚山福祉菜園で芋掘り大会が開催されました

糠塚山福祉菜園で今年も市内保育園・幼稚園を招いていも掘り会が開催されました。主催はグリーンフィールズチャレンジャー(農業青少年クラブ)で、市の委託事業で毎年、市内の保育園、幼稚園児を招待して、いも掘り会を開催しています。今年度は、橋北保育園、いずみ保育園、暁幼稚園の計3園、156名の園児の皆さんが畑と格闘してサツマイモを収穫しました。天候にも恵まれ、また、スムーズに余分な水の排水が出来るように畑の管理をメンバーが行ったため、豊作で美味しいサツマイモの収穫が出来ました。園児の皆さんもビニール袋1杯のサツマイモを収穫して、おじいちゃん、おばあちゃんにもあげられると大喜びで芋掘りに夢中でした。笑顔一杯のいも掘りを楽しんで貰えたと一安心しました。

第45回観葉植物品評会が開催されました

5月25日(金曜日)、当センターにて「第45回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する6戸の農家が観葉植物を7点ずつ、計42点出品しました。ストレリチア、アンスリウム、グズマニア、スパティフィラム、アラレア等の恒例のものや、今年初めて出品された品種など各農家の自慢の一品が揃いました。厳正な審査の結果、上海老町の阿部鉄男さんの”ストレリチア オーガスタ・プミラ”が四日市市長賞を受賞しました。阿部さんが精魂込めて栽培したものであります。

 


四日市市長賞 阿部 鉄男
ガラス鉢 寄植え 
ストレリチア オーガスタ・プミラ

菰野町長賞
加藤 隆雄
アンスリウム ダコタ

四日市鈴鹿地域農業
改良普及センター所長賞
清水 万壽夫
グズマニア スターマイン アルタイル

三重県農業共済組合連合会長賞
河内 清文
グズマニア オスタラ

三重四日市農業協同組合長賞
藤井 義明
スパティフィラム ニューメリー

中日新聞社賞
北川 博美
アラレア

市長と受賞者阿部鉄男氏

審査の様子

即売会の様子

第51回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました

四日市市、恒例の冬の風物詩、第51回シクラメン品評会・展示即売会が今年も11月29・30日の2日間、四日市農協会館8階で開催されました。29日(火)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長鈴木 啓文氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が児童福祉課を通じ市内の福祉施設などへ寄贈されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン14点42鉢を審査し、第51回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には徳丸 文彦氏(四日市市野田2丁目)が受賞されました。

 


福祉部、市川理事へシクラメンの寄贈

感謝状を受け取る花き部長・鈴木啓文氏

市長、受賞者 徳丸文彦氏(徳丸園芸)、花き部長 鈴木啓文氏三名で受賞記念写真撮影
受賞品種:シューベルト

市議会議長賞:品種:紅

審査員が出品作品を1鉢づつ入念に審査しました

即売会の様子

 

各賞(金賞)受賞者
四日市市長賞[徳丸 文彦氏]・菰野町長賞[鈴木 雅也氏]・朝日町長賞[田川 忠彦氏]・四日市市議会議長賞{徳丸 文彦氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター所長賞[田川 忠彦氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[森澤 秀雄氏]・三重四日市農業協同組合長賞[森澤 秀雄氏]・中日新聞社賞[鈴木 雅也氏]・三重四日市農業協同組合長賞[森澤 秀雄氏]四日市温室園芸組合長賞[増田 康典氏]

第44回観葉植物品評会が開催されました

5月20日(金曜日)、当センターにて「第44回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する6戸の農家が観葉植物を7点ずつ、計42点出品しました。グズマニア、スパティフィラム、アンスリウム、アラレア、サンスベリア等の恒例のものや、今年初めて出品された品種など各農家の自慢の一品が揃いました。
厳正な審査の結果、川島町の清水万寿男さんの”グズマニア・スターマイン・アルタイル”が四日市市長賞を受賞しました。清水さんが精魂込めて栽培したものであります。

 


四日市市長賞
清水 万寿男
グズマニア スターマイン アルタイル

菰野町長賞
河内 清文
グズマニア オスタラ

四日市鈴鹿地域農業
改良普及センター所長賞
藤井 義明
スパティフィラム ニューメリー

三重県農業共済組合連合会長賞
加藤 隆雄
アンスリウム ピンクチャンピオン

三重四日市農業協同組合長賞
北川 博美
アラレア

中日新聞社賞
阿部 鉄男
サンスベリア

市長と受賞者清水万寿男氏

50回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました

四日市市、恒例の冬の風物詩、第50回シクラメン品評会・展示即売会が今年も11月29・30日の2日間、四日市農協会館8階で開催されました。29日(月)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長毛知 佳秀氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が四日市市社会福祉事務所へ寄贈され市内の福祉施設などへ配布されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン15点45鉢を審査し、第50回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には徳丸 文彦氏(四日市市野田2丁目)が受賞されました。

 


社会福祉事務所長へシクラメンの寄贈

感謝状を受け取る花き部長・毛知佳秀氏

四日市市長賞・受賞者 徳丸 文彦氏(徳丸園芸)
品種:ミディーピアス

市長と受賞者徳丸文彦氏(記念撮影)

受賞報告のため、市長と懇談

即売会の様子

 

各賞(金賞)受賞者

四日市市長賞[徳丸 文彦氏]・菰野町長賞[田川 忠彦氏]・朝日町長賞[徳丸 文彦氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター所長賞[増田 康典氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[森澤 秀雄氏]・三重四日市農業協同組合長賞[徳丸 文彦氏]・中日新聞社賞[田川 忠彦氏]・四日市温室園芸組合長賞[森澤 秀雄氏]

第43回観葉植物品評会が開催されました

5月28日(金曜日)、当センターにて「第43回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する6戸の農家が観葉植物を7点ずつ、計42点出品しました。アンスリウム、スパティフィラム、フィロデンドロン、チュピタンサス、グズマニア、アラレア等の恒例のものや、今年初めて出品された品種など各農家の自慢の一品が揃いました。厳正な審査の結果、尾平町の加藤隆雄さんの”アンスリウム・ダコタ”が四日市市長賞を受賞しました。加藤さんが精魂込めて栽培したものであります。

 


四日市市長賞
加藤 隆雄
アンスリウム ダコタ

菰野町長賞
藤井 義明
スパティフィラム ニューメリー

四日市鈴鹿地域農業
改良普及センター所長賞
阿部 鉄男
フィロデンドロン ライム

三重県農業共済組合連合会長賞
清水 万寿男
グズマニア
スターマイン アルタイル

三重四日市農業協同組合長賞
北川 博美
チュピタンサス

中日新聞社賞
河内 清文
グズマニア オスタラ

審査の様子

第49回シクラメン品評会・展示即売会が開かれました

四日市市、恒例の冬の風物詩、第49回シクラメン品評会・展示即売会が今年も12月1日・2日の2日間、四日市農協会館8階で開催されました。1日(火)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長山北敬次氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が四日市市社会福祉事務所へ寄贈され市内の福祉施設など30ヶ所へ配布されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン16点48鉢を審査し、第49回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には徳丸 昇氏(四日市市野田2丁目)が受賞されました。

 


感謝状を受け取る花き部長・山北敬次氏

品評会の様子

四日市市長賞・受賞者 徳丸 昇氏(徳丸園芸)

市議会議長賞・受賞者鈴木雅也氏(鈴木園芸)

受賞報告のため、市長と懇談

即売会の様子

 

各賞(金賞)受賞者
四日市市長賞[徳丸 昇氏]・四日市市議会議長賞[鈴木雅也氏]・菰野町長賞[田川忠彦氏]・朝日町長賞[森澤秀雄氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター所長賞[徳丸 昇氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[森澤秀雄氏]・三重四日市農業協同組合長賞[鈴木啓文氏]・中日新聞社賞[田川忠彦氏]・四日市温室園芸組合長賞[鈴木雅也氏]

第42回観葉植物品評会が開催されました

5月22日(金曜日)、当センターにて「第42回観葉植物品評会」が開催されました。四日市温室園芸組合観葉部に所属する8戸の農家が観葉植物を5点ずつ、計40点出品しました。アンスリウム、スパティフィラム、エクメア、チュピタンサス、グズマニア、アラレア等の恒例のものや、今年初めて出品された品種など各農家の自慢の一品が揃いました。
厳正な審査の結果、尾平町の加藤隆雄さんの”アンスリウム・ホワイトチャンピオン”が四日市市長賞を受賞しました。加藤さんが精魂込めて栽培したものであります。

 


四日市市長賞
加藤 隆雄
アンスリウム ホワイトチャンピオン

菰野町長賞
河内 清文
グズマニア オスタラ

四日市市議会議長賞
北川 博美
アラレア

四日市鈴鹿地域農業
改良普及センター所長賞
阿部 鉄男
カラテア ロゼオ

三重県農業共済
組合連合会長賞
藤井 義明
スパティフィラム ニューメリー

三重四日市農業協同組合長賞
清水 万寿男
グズマニア 3種寄植

中日新聞社賞
坂倉 兵一
ヤッコカズラ

四日市温室園芸組合長賞
天春 文篤
フリーセア 3種寄植

審査の様子

第48回シクラメン品評会・展示即売会が開催されました

恒例と成っている四日市の冬の風物詩、第48回シクラメン品評会・展示即売会が今年も11月27日・28日の2日間、四日市農協会館7階で開催されました。27日(木)には、この催しに先立って、四日市温室園芸組合・花き部(部長田川忠彦氏)所属農家が栽培したシクラメン60鉢が四日市市社会福祉事務所へ寄贈され市内の福祉施設など34ヶ所へ配布されました。また、午後3時より、市・県及び農業関係機関等の職員が品評会に出品されたシクラメン18点54鉢を審査し、第48回品評会の各賞の受賞者を決定しました。四日市市長賞には鈴木雅也氏(三重郡朝日町)が受賞されました。

 

 

各賞(金賞)受賞者

四日市市長賞[鈴木雅也氏]・四日市市議会議長賞[田川忠彦氏]・菰野町長賞[田中伸介氏]・朝日町長賞[田川忠彦氏]・四日市鈴鹿地域農業改良普及センター所長賞[田中伸介氏]・三重県農業共済組合連合会長賞[徳丸昇氏]・三重四日市農業協同組合長賞[徳丸昇氏]・中日新聞社賞[鈴木啓文氏]・四日市温室園芸組合長賞[森澤秀雄氏]

市民園芸講座「庭木の管理」を開催しました

庭木の管理を中心にした講習会を松の木の剪定の実技を織り交ぜ開催しました。初冬のこの時期は、庭木の管理の適期でも有ります。受講希望の応募が多数有ったため、午前、午後の2回開催にして、40名の皆さんに受講していただきました。実技の松を相手に熱心に取り組む姿は、受講生に取って、より理解度を増し、今までに無かった市民園芸講座を開催できたと思います。参加型の講座は今後も色々なジャンルで取り組んで行きたい市民園芸講座の今後の姿だと感じ、市民の皆様に当センターを気軽に利用していただけるよう企画の充実を図って行きたいと思っています。

 

糠塚山福祉菜園いも掘り会が開催されました

糠塚山福祉菜園で今年も市内保育園・幼稚園を招いていも掘り会が開催されました。主催はグリーンフィールズチャレンジャー(農業青少年クラブ)で、市の委託事業で毎年、市内の保育園、幼稚園児を招待して、いも掘り会を開催しています。今年度は富洲原、羽津、三重、いずみ保育園、三重西、暁幼稚園の計6園、214名の園児の皆さんが畑と格闘してサツマイモを収穫しました。天候不順で少し収穫が少なかったようですが、園児の皆さんが元気一杯、笑顔でいも掘りを楽しんで貰えたと一安心しました。

 

果樹ビギナー 柿の収穫と渋抜き作業

本日はカキ(西村早生)の収穫及び渋抜きを行いました。渋柿を渋くさせているのは、タンニンといわれる渋味物質です。このタンニンが舌の粘膜に作用することにより、渋味を感じるのです。甘柿の中にもタンニンは含まれていますが、甘柿が熟していく過程でタンニンが水に溶けにくいものに変化することが挙げられます。このようにタンニンが水に溶けにくいものになると唾液に溶けにくくなり、ほとんど渋味を感じなくなるのです。カキの渋抜きの方法は、ドライアイスなどを使って炭酸ガスを密封して1週間置くもの、40℃ほどの湯に一晩浸しておくもの等ありますが、今回は焼酎を使った方法で行いました。これらはいずれも、柿の中にアセトアルデヒドという物質を生成させ、これとタンニンを結合させることにより、水に溶けにくいタンニンにするものです。

 

 

簡単な渋の抜き方法

  1. 35%の焼酎を皿に入れ、ヘタの部分を軽く浸します。
  2. 写真のように積み重ねる場合は、間に新聞紙を敷きます。
  3. 一番上に新聞紙を敷き、密封します。
  4. 7~10日で渋が抜けます。

インターンシップで四日市大学学生が農業体験!

四日市大学、環境情報学科3年生の笠井君・豊田君がインターンシップとして当農業センター業務全般の体験を8月18日~29日の2週間、炎天下の温室での作業、果物の収穫、バイテク苗の植え出し等々、一生懸命取り組んでくれた。若い二人の「環境と農業」を繋ぐ視点が、業務体験でどれだけ培われたかは、今後の彼らの活躍に掛かっているし、きっと期待に応えて今後の学生生活や夫々の将来の仕事に生かしてくれるだろうと願っている。

 

秋野菜の作り方講座を開催しました

「自然と調和のとれた田園都市あがた」を合言葉に県地区まちづくり委員会の主催による、あがた”農”のまちづくりプランの取組みの一環として「秋野菜の作り方講座」が開催されました。当農業センターも県地区農業活性化委員会の一員として、地域との連携や交流を通じて、このプランに深く関わりを持ち技術的な指導の一助として今回の講座を受け持った所です。講座に参加された受講生24名を前に野菜担当が育て方全般について講座を進めました。今回の出席者がこの施設に初めて来た方が多数と言う事を聞いて、未だ未だ、地域との交流が少ないのかなとショックを受けた次第です。今後も、現地講習等により、まちづくりプランの推進にお役に立てたらと思っています。

 

第29回三重県花き生産者大会が開催されました

8月6日、希望荘(菰野町)に於いて、第29回三重県花き生産者大会が県内生産者組合7組合、来賓として、県選出、衆・参議院議員、県・市・町議員、国・県・市・町関係機関、農協等関連団体、市場関係者、農業関連企業等、総勢95名が一同に会し開催されました。
農業を取り巻く環境は、大会宣言にも言及された通り、取り分け、花き・観葉農家にとっては厳しい経営を余儀なくされている状況の下、四日市温室園芸組合を幹事として開催されました。議案の採択、大会宣言、平成19年度春・秋季品評会、第28回花きほ場品評会、第56回関東・東海花の展覧会の各賞表彰式、記念講演会等が催されました。

 

 

大会宣言全文

我々花き生産者は、近年の花き市場低迷により経営が苦しい中、昨年からの暖房用燃料重油、肥料、被覆資材、ポット、農薬、運賃などの大幅な値上がり、日本経済の減速傾向を受けた業務需要や個人消費の減少による一層の市場価格低下の影響を大きく受け、経営はこれまでになく厳しい状況にあります。このような経営環境の中、少しでも経営にプラスになればと個別にオリジナル新品種を育成したり、新たな販売経路を確立するといった取組みも行われていますが、個人や小さな組織の努力だけでは限界があります。我々は、本大会で、国等が支援をするよう要望するとともに、自らも県内花き産業の発展と一層の経営改善に全力をつくすことをここに宣言する。(四日市温室園芸組合 花き部・観葉部)

 

市民生活は温暖化ガス排出による地球温暖化が深刻化し「環境に優しい」と言うのが、トレンドにも成っています。そう言う意味では、都市緑化対策や緑の有る住環境整備が、温暖化緩和としても有効な手段で有り、壁面緑化等の研究も国内で研究されています。園芸資材の高騰は農家にとっては厳しい状況では有りますが、花卉・観葉栽培も時代の要請に充分応えられるビジネス・チャンスとも言えると思います。「個性有る商品作り」「環境に優しく潤いの有る生活空間の創造」に四日市温室園芸組合を始めととする農家が横の連携を深めながら、この難局に立ち向かって欲しいなと感じずには居られない一日でした。

 

学校用務員さんを対象に園芸教室が開催されました

7月24日、四日市市役所9階大会議室にて、四日市市の保育園、幼稚園、小・中学校に勤務する用務員さんを対象に草花の育て方の講座を教育総務課よりの依頼を受け、出前講座を実施させて貰いました。総勢80名余りの老若男女?人の多さに圧倒されながら、持ち前のお喋り精神を発揮して、何とか持ち時間を終える事が出来ました。初デビュー戦は、「多分、落第点だったのかな?」と帰ってからそう思い返して、それでも良い経験をさせて貰ったのは、プラスでしたし、大好きな植物の話を大勢の前で話す事が出来た事は法外の喜びでした。課題を書いて貰う事にしましたので、それを参考させて貰って、もっと「系統立てた話が出来る様に勉強したいな」と言うのが、率直な今回講座の反省です。受講して貰った皆さんの感想を今後の勉強の糧にして、より分かり易く、家庭園芸に少しでも興味を持って貰って、楽しみながら花を育てて欲しいと言うのが、私自身の希望です。

 

 

緑豊かな街、環境に優しい街創りに少しでも農業センターがお役に立てる様にと願って止みません。

中部地区市立農場協議会が四日市市で開催される

中部地区市立農場協議会が7月10日、11日の日程で四日市市で開催されました。中部地区加盟の8市が一同に会し、初日は四日市市文化会館を会場として各市の取組みや今後の施設運営の有り方等活発な意見交換が行われました。折りしも前日は北海道洞爺湖に於いて先進8ヶ国、新興8ヶ国の首脳が地球温暖化や食糧問題等を議題にサミットが開催されています。

当協議会も食の安全・安心、食糧自給率の向上、原油高に起因した農業資材の高騰等、農業を取り巻く厳しい環境の下で、農業者と一般市民へ「より開かれた身近な施設運営の有り方」に資する活動を模索し、各市が今後の活動に繋げる有意義な協議会を行う事ができました。

翌日は、農業センターのバイテク施設説明、場内施設見学、茶業振興センター、本年度の当農業センター事業の柱であるグリーンシニアカレッジ貝家圃場の視察研修を行い全日程を終了しました。

 

第2回市民園芸教室を開催しました

6月11日(水)、当センターで「平成20年度第2回市民園芸教室(野菜コース)」を開催しました。センターでは、市民の皆さんを対象に基礎的な園芸教室を随時、開催しています。当日も、56名の受講者を迎えて「土つくりと施肥」と題して教室を行いました。

野菜作りに限らず、園芸の基本は、まず土つくりからです。また、適切な肥料管理は、植物の成長に欠く事の出来ない必須要件、充分な収穫を得るためには、どうしても覚えて置かなければなりません。今回はこのポイントに絞って教室を開催しました。

農業センターは市民の皆さんに、野菜、果樹、花きを楽しみながら育てるお手伝いを市民園芸教室や、電話、メールで、栽培方法や病害虫防除等の質問を随時受付ています。開かれたセンター運営に心がけ気軽に園芸相談を持ち込んで頂けたらと思っています。

 

農薬を使う前にもう一度確認!!

昨年来、野菜、果樹などの食用作物から、未登録(失効)農薬の使用や基準値を超える残留農薬が検出されるなどの問題が発生し、「食の安全性」に多くの関心が寄せられました。これを受けて、平成15年3月より農薬取締法が改正され、農薬使用者にさまざまな遵守事項が定められました。

 

農薬のラベルを読み、内容を確認しましょう

ラベルには、使用基準として、使用できる作物、希釈倍率(使用濃度、使用量)、使用時期(収穫○○日まで)、使用回数(この薬剤及び同じ成分を含む薬剤の使用回数)が必ず記載されています。農薬使用者はこれらの遵守を義務付けられ、違反すれば懲役、罰金刑が科せられます。ただし、ラベルの内容はメーカーがその農薬を製造した時点での基準となりますので、刻々と変わっていきます。たとえば、従来のトマトはトマトとミニトマトに分類されるようになり、トマトには使用できてミニトマトには使えない農薬もでてきました。絶えずホームページ(www.jppn.ne.jp/nouyaku/)等で最新の情報を入手するように努めてください。

 

遵守の努力を要すること

  • 有効期限の切れた農薬は使わない。
  • 住宅地、住宅隣接地において散布する際は飛散防止措置をとる。
  • 農薬を使ったら記録をつける。(日付、場所、作物名、農薬名、希釈倍率や面積あたりの使用量等)

*農家の方においては、今後農産物の流通におけるトレーサビリティー(食卓から農家まで履歴をさかのぼれる仕組み)が導入されていきます。必ず実行しましょう。

 

この他、無登録農薬の使用禁止、非農耕地用除草剤の農耕地(畦、畝、休耕地を含む)への使用禁止などが定められています。

 

農薬はこれらの事を守り、適正に使いましょう。

令和4年度 / 令和3年度 / 令和2年度 / 平成31年・令和元年度 / 平成30年度

平成29年度 / 平成28年度 / 平成27年度 / ~ 平成26年度

 

Copyright(C)四日市市農業センター.AllRightsReserved.各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。