トップページ >> 防災・安全

防災・安全

水道事業の防災

水道施設の耐震化

水道施設は、市民生活及び都市機能を維持するための基本的な施設であり「地震によって被害を受けても、水道システム全体として給水機能を可能な限り保持できるようにしておく」ことが重要です。
そのため、耐震管への布設替え、配水池やポンプ棟など構造物の補強、水道管のループ化、発電設備の整備などによって、致命的な給水能力の低下をきたさないように施設整備を進めています。
また、地震災害時には応急給水活動が展開できるように、緊急貯水槽や緊急遮断弁などの応急給水拠点施設を整備しています。
このように、水道システム全体にわたって、バランスのとれた震災対策事業を推進することによって大規模地震に遭遇しても断水区域を最小限にとどめ、早急な復旧活動を可能にし、短期間での飲み水の確保をめざしています。

下水道宅内排水設備の対応策

近年、日本各地で発生している大規模な地震によって、家屋、ビルなどの地上構造物とともにライフラインなどの地下埋設物にも被害が発生しており、宅内排水設備においても、様々な被害が発生しています。
ここでは、宅内排水設備で予想される被害状況とこれらの応急措置及び事前の対応策等を、屋外と屋内の排水設備に分類して紹介します。

四日市市の防災情報