トップページ >> 事業・計画紹介 >> 浄化槽の仕組み・制度 >> 浄化槽維持管理補助金について

浄化槽の維持管理費補助金

浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を処理しています。微生物が活動しやすい環境に保つことが大切です。そのためには、浄化槽法で定められた保守点検、清掃、法定検査を実施することが必要です。

適正な維持管理をしている合併処理浄化槽に対して維持管理費の補助を行ないます。

1.対象区域

下水道等の供用区域を除く市内全域を対象とします。
下水道等の供用区域は以下のとおりです。不明な点は生活排水課までお問い合わせください。

  • 公共下水道供用開始の公示済区域
  • 農業集落排水処理施設の供用開始の告示済みの区域
  • コミニティ・プラントの供用開始の告示済みの区域
  • 団地等の集中処理浄化槽区域

 

2.対象者

下記の条件をすべて満たしている場合が対象となります。

  • 四日市市内の下水道等の供用区域外に合併処理浄化槽を設置していること。
    (注)し尿のみを処理する単独処理浄化槽は対象外となります。
  • 自己が居住している専用住宅又は併用住宅(延べ面積の1/2以上を自己の居住の用に供し、非居住面積が50m2以下であること。)なお、借家に居住している者が浄化槽の維持管理もしている場合は対象となります。
    (注)対象外・・・マンションや長屋などの共同住宅、工場や事業場などの事務所など
  • 年度を通じて適正な管理を行っていること。
    法定検査(11条)・・・年1回、保守点検・・・4ヶ月に1回以上、清掃・・・年1回以上
  • ・ 法定検査(11条)の結果が「適正」又は「おおむね適正」であること。
    (注)「不適正」の場合には補助対象外となります。契約している保守点検業者又は清掃業者にご相談ください。

 

3.補助額

予算の範囲内において下表のとおり補助します。

人槽 補助額
5〜6人槽 7,000円
7〜9人槽 9,000円
10〜50人槽 12,000円

 

4.申請方法

予算の範囲内において下表のとおり補助します。

(1)申請期間 4月1日から翌年3月31日まで(法定検査日と法定検査結果書の発行日が同一年度内であること。)
(2)申請書類 申請書兼請求書、浄化槽法定検査結果書(11条)の写し
(3)提出先 四日市市上下水道局生活排水課

 

5.申請の流れ

予算の範囲内において下表のとおり補助します。

(1)補助対象区域・補助対象浄化槽の確認(不明な場合は、生活排水課へお問合せ下さい。)。

(2)法定検査(11条)を受検(検査料金:3,800円〜)
※今まで検査を受けていなかった方は、一般財団法人三重県水質検査センター(電話:059-213-0707)まで連絡し、申込してください。

(3)検査結果の総合判定が「適正」又は「おおむね適正」の浄化槽には、検査結果と一緒に補助金申請案内が郵送されます。(検査後、3〜4週間後)

(4)申請書等の提出
提出書類:申請書兼請求書、浄化槽法定検査結果書のコピー
※書類の太枠内に必要事項を記入・捺印の上、浄化槽法定検査結果書の発行日から1ヶ月以内に添付書類を添えて提出してください。

(5)補助金決定通知
※内容を審査して、申請者には、市から通知書を送付します。

(6)補助金交付

お問い合わせ
四日市市上下水道局生活排水課
TEL 059-354-8402 FAX 059-354-8375