トップページ >> 事業・計画紹介 >> 下水道の仕組み・制度 >> 皆さんが行う水洗化工事

皆さんが行う水洗化工事

皆さんが行う水洗化工事(宅内の排水設備)についてご案内いたします。

水洗化工事

水洗化工事は、四日市市の指定業者に必ず御用命下さい下水道は、清潔で住み良い町づくりと川や海の水質を保全することを目的に、整備を進めております。  
しかし、皆さんに利用して頂かなければ、せっかくの施設も無用の長物になってしまいます。
下水道工事が完成したら、工事区域の各家庭に「下水道が利用して頂けます」というビラを配布しますので台所、洗濯、風呂などの排水は遅滞なく公共下水道に接続して下さい。  
また、これらと併せて汲取り便所は3年以内、浄化槽は遅滞なく水洗トイレに改造して下さい。  
水洗化工事は、四日市市の指定業者に必ず御用命下さい。
水洗化工事が完成すると、市から委託された者が公共下水道に接続されていることを確認し、「水洗シール」をお渡ししますので、玄関などの見やすいところに貼ってください。

水洗化工事助成制度

皆さんが、速やかに水洗トイレへ改造して頂けるよう、本市では融資あっせん利子助成制度を設けております。

下水道への接続に、資金でお悩みの方へ 是非ご利用ください!!

融資あっせん利子助成制度

区分
単位
金額
備考
くみ取り便所または浄化槽を改造するとき 申請1件
につき
1,000,000円以内
(1万円単位)
融資銀行より貸付けの翌月から60カ月の元利金等で返済する

※便器および便器より下の部分の工事にかかる費用に限ります。
※申請者1人で2箇所まで融資が受けられます。
※新築、増築、事業用、アパート等については対象になりません。

融資斡旋 申請の条件(市役所及び金融機関)は下記のとおりです。

  • 融資斡旋 申請の条件(市役所及び金融機関)説明市税等が完納していること。 市内に住所を有する個人であること。
  • 公共下水道の供用開始から3年以内であること。
  • 連帯保証人(配偶者又は相続人)が1人いること。
  • 申込時年齢が20才以上70才以下であること。70才を超える場合は、70才以下の連帯保証人若しくは連帯債務者が1人いること。
  • 安定した収入があること。(所得証明書必要) 家屋の保存登記があり、本人又は3親等以内の親族(市内に住所を有する者に限る)であること。

利子助成 年2回(8月・2月)金融機関を通じて申請人の口座へ振込みます。

この制度は、宅内排水設備工事の融資を金融機関に斡旋するとともに、その利息に相当する金額を市が負担する制度です。  
具体的には、100万円を上限に金融機関(三重銀行)から工事費を借り入れ、5年間、60回払いで、利子を付けて返済して頂きますが、毎年8月と2月に返済が行われていることを確認して、利子分をお返ししますので、実質無利子で借りていただける制度です

利子助成とは

例えば、融資金額70万円、返済回数60回、銀行利率3.65%の場合。  毎月の返済額は約13,000円(利子分含む)になります。この内利子分を結果的に市が負担することになります

この制度の利用に当たっては、指定業者にご用命ください。

排水設備工事指定業者

水洗化工事を行う際は必ず指定業者に御用命下さい宅内の排水設備は、維持管理に支障を来たさないように管径、管勾配、管延長、桝設置ヶ所などが定められています。
本市では、責任技術者試験に合格した技術者が所属する業者を、登録制で「四日市市公共下水道排水設備工事指定業者」として定めております、水洗化工事を行う際は必ず指定業者に御用命下さい。  
指定業者は工事、水洗便所改造資金に係る融資あっせん利子助成等に必要な市への手続きをあなたに代わって行ってくれます。  
もし、無指定業者に施工させた場合、汚水管に雨水管を接続したり構造上清掃や補修ができないこともあり条例違反にもなります。  
この場合、融資あっせん利子助成制度も受けられません。

 

お問い合わせ 上下水道局 生活排水課 TEL 059-354-8221 FAX 059-354-8375