トップページ >> 事業・計画紹介 >> 下水道の仕組み・制度 >> 水道施設の紹介(浄化センター)

下水道施設の紹介

下水道の施設には大きく分けて「浄化センター」と「ポンプ場」があります。
ここではこの二つの施設についてご案内いたします。

1.日永浄化センターの概要



日永浄化センターの概要

敷地面積 (m2
使用開始
処理能力 (m3/日)
焼却炉 (t/日)
第1系統*1
12,190
1965年7月
8,600
30×2
第2系統
23,590
1975年4月
35,300
第3系統
18,820
1985年4月
32,400
第4系統
27,100
2016年4月
15,000
(将来60,000)
81,700
-
91,300
60
*1 2016年度 廃止

日永浄化センター (所在地 四日市市寿町2-8 TEL 059-345-1001)

2.下水処理の仕組み (あなたの家庭や工場の排水をきれいにするには)

 

家庭用排水 台所、風呂、トイレなどの汚水は、直接下水管へ流されます。
また、雨水は雨水管に流れ、雨水ポンプ場を通り、川や海に放流します。
マンホール 下水管の清掃や修理などの維持管理のため設けます。
工場排水 生産活動による有害な物質を、除害施設で取り除いたあと下水管へ流されます。
中継ポンプ 下水管は下流へ行くほど深くなっていくため、一定の深さのところでくみ上げ、浄化センターへ送ります。
沈砂地 ここをゆっくり流れる間に、土砂類は底に沈みます。
大きなゴミは、スクリーンで取り除きます。
最初沈殿池 さらにゆっくりと汚水を流して、細かい汚れを沈殿させ、たまった汚泥は、汚泥処理施設へ送られます。
反応タンク 汚水に活性汚泥を加え、空気を吹き込み混合します。
微生物の働きにより、水の汚れが綿のような固まりとなって、沈みやすくなります。
最終沈殿池 汚水中の固まりを沈殿させ、汚泥処理施設へ送られます。
消毒槽 きれいになった水は、ここで消毒され川や海に放流します。
汚泥濃縮槽 沈殿池から送られてきた汚泥、沈めて濃くします。
汚泥脱水設備 濃くなった汚泥に薬品を加えたあと脱水機により、水分と固形物(脱水ケーキ)に分けます。
汚泥焼却設備 脱水ケーキは焼却し、セメント原料として再利用します。