トップページ >> ご利用案内 >> ご利用案内(下水道) >> 利用案内情報(下水道)

ご利用案内(下水道)

下水道マスコットキャラクター「スイスイ」四日市市内において“下水道の使用を開始するとき”に必要な手続きの概要について、ご案内いたします。個別浄化槽や汲み取りの場合は、別の手続きとなります。

 

下水道の供用区域によって違います

こにゅどうくん 建物で発生する生活廃水や汚水を排水するにあたっては、“下水道供用区域(処理区域)”の区域内においては下水道に排水することになっています。ここで言う下水道とは、市街化区域内における“公共下水道”と、市街化調整区域内における“コミニティ・プラント施設の下水道”や“農業集落排水処理施設の下水道”のことです。
 下水道の使用には、公共下水道、コミニティ・プラント施設、農業集落排水処理施設のいずれかの下水道供用区域内に土地が存在しなければなりません。まず、現地において公共汚水ますが設置されているかを調べ、または上下水道局生活排水課において下水道供用区域内であるか調べる必要があります。なお、下水道が整備され、下水道供用区域となる際には、その土地に対して受益者負担金の支払い、公共汚水ますの設置が行われます。

下水道の使用を開始するとき

 代表的な事例として新築の建物に入居する場合、すでに建っている建物に水洗化工事を行う場合、そしてすでに水洗化工事が行われた建物に入居する場合に必要な手続きの概要については、次のとおりです。

●新築の建物に入居する場合、すでに建っている建物に水洗化工事を行う場合は、新しい排水管の
  申請が必要です

新築の建物に入居する場合やすでに立っている建物に水洗化工事を行う場合の手順 1.  まず、新築や水洗化工事(排水設備工事)にあたって、施主から指定業者を通して事前に上下水道局へ排水設備工事の申請を行う必要があります。建築業者を通して指定業者に依頼したり、指定業者について上下水道局へ問い合わせいただいたうえで指定業者に直接、依頼したりする場合があります。その際に、受益者負担金の支払い、公共汚水ますの設置が行われていない場合もあります。(指定外業者は工事を施工できません。)
 
2.  その後、排水設備工事を施工・完成したら、指定業者を通して上下水道局へ完成届と、使用開始(再開)届を提出していただきます。水道水以外の給水の有無や、コミニティ・プラント施設と農業集落排水処理施設の場合は排水設備の使用人数なども必要な届出事項です。
3.  これで、公共汚水ますに排水管のつなぎ込み工事が完成していますので、入居して排水設備を使用できます。
 

 

●すでに水洗化工事が行われた建物に入居する場合は、下水道の種類によって届出が必要です

すでに水洗化工事が行われた建物に入居する倍の手順

1.   公共下水道の下水道供用区域内である場合は、水道の使用開始によって下水道の使用開始としますので、下水道の使用開始(再開)届が必要ありません。水道使用開始申込みを行い、入居して排水設備を使用できます。
2.  コミニティ・プラント施設や農業集落排水処理施設の下水道供用区域内である場合は、水道使用開始申込みとは別に、上下水道局へ下水道の使用開始(再開)届を提出していただきます。水道水以外の給水の有無や排水設備の使用人数などが必要な届出事項です。その後、住居して排水設備を使用できます。

 

下水道使用料の算定とお支払い方法は

 下水道使用料は、公共下水道の場合は水道等の使用水量によって決まり、コミニティ・プラント施設や農業集落排水処理施設の場合は排水設備の使用人数によって決まります。コミニティ・プラント施設や農業集落排水処理施設の場合は、水道使用開始申込みとは別に、上下水道局へそれぞれの施設の使用開始(再開)届の提出が必要です。(公共下水道の場合は、水道の使用開始によって下水道の使用開始とします。) 下水道料金の計算方法は、こちらのページをご覧ください。
 お支払いは、口座振替、クレジットカード、納入通知書によるコンビニエンスストアや金融機関、地区市民センター窓口での払いの方法があります。公共下水道を使用している場合は、水道料金と下水道使用料を合算してお支払いいただきます。
 口座振替をご希望場合は、金融機関に備え付けの口座振替依頼書で申し込んでいただくか、上下水道局お客様センター業務窓口でお申し込みください。(金融機関の口座番号、届出の印鑑が必要です。)
 クレジットカード払いは、「Yahoo!公金支払い」の仕組みを利用しており あらかじめ利用者ご自身によるインターネット環境での登録が必要です。 詳しくは、こちらのページをご覧ください。


水洗化工事経費に対する助成制度は

 上下水道局では、下水道が整備され、供用開始後3年以内に排水設備の改造や水洗トイレへの改造など、公共下水道へ接続していただきやすくするため、金融機関の借入金について融資あっせん利子助成制度を用意しています。この制度は、水洗化工事経費に対する融資を金融機関にあっせんするとともに、その利子に相当する金額を上下水道局が負担する制度です。これにより実質的に無利子となり、経費の負担を軽減するものです。


水洗化工事資金の早期積立に対する奨励制度は

 下水道への接続工事を行うには、まとまったお金が必要になります。
 工事費用若しくは、その一部に当てるための資金を、早い時期から積立てていただくと、一時にまとまった費用を捻出する心配が軽減されます。
 上下水道局では、事前に積立預貯金をしていただき、速やかに接続工事を行った方に、奨励金を交付する制度を用意しています。