• スマートフォン版はこちら

四日市公害について

企業による公害防止対策

 初めは企業も行政も、住民さえも、コンビナートの操業によってこれほどの各種の公害が発生するとは予想していませんでした。
 当初工場内や港湾内での作業者の安全面さえも重視されていなかったうえ、技術面でも未開発な部分が多く、これらを解決するためには公害防止設備に対するばく大な設備投資と高度な技術開発が必要でした。



四日市では、昭和41年に大協石油午起製油所がアメリカのガルフ・リサーチコーポレーション社と技術援助契約を組み、完成させた「重油間接脱硫装置」を設置しました。
また42年12月には、中部電力と三菱重工が通産省工業技術院に委託されて研究開発した「活性酸化マンガン法脱硫パイロットランプ」を設置しました。
 大協石油午起製油所が開発した重油間接脱硫装置は、硫黄分3%の重油を1.7%の低硫黄重油にできる能力を持つ装置です。この重油間接脱硫装置は43年の第1期工事が着手され、翌44年に稼動しました。

 

環境未来館TOPへ戻る