• スマートフォン版はこちら

四日市公害について

浚渫工事

 四日市港は、設備が古く危険な作業環境、流れてしまった石油系廃油分などの問題がありました。
 これらを抜本的に解決するために四日市港にかかわる企業から拠出された資金をもとに公害防止事業に取り組んでいきました。
 浚渫工事とは・・・水底をさらって土砂などを取りさること。


浚渫船

ウーザーポンプの作動要領

水圧と真空で吸泥し、圧縮空気にて拝送。

 

環境未来館TOPへ戻る