TOPページ > 防火・防災 > 可燃性ガスを使用したスプレー缶の火災・事故に注意!

可燃性ガスを使用したスプレー缶の火災・事故に注意!

スプレー缶の注意書き 四日市市消防本部管内において、スプレー缶が関係する火災・事故が発生しています。
 スプレー缶は現在、化粧品をはじめ、整髪料、掃除用品、カー用品などに使用され、私たちの生活に密着しており、欠かせないものとなっています。
 これらのスプレー缶の多くは可燃性のLPガス(ブタン・プロパンなど)を使用しており、近くに火の気があったり、火花が発生すると引火して思いがけない火災・事故につながる危険があります。
 使用する際には、缶などに書かれた注意書きを必ず読み、正しく使用しましょう。

最近起こった事例


 

事例〜その1〜

 ご家庭にてファンヒーターのそばに置かれたスプレー缶が、ファンストーブの近くに置いておくと危険ですヒーターで熱せられ爆発しました。
 すぐに近所の人が消火器で消し止めたため大事には至りませんでした。

事例〜その2〜

 事業所内にてペーパーシュレッダーのカッター部分を、エアダスター(スプレー缶式のホコリを吹き飛ばす掃除用品)にて清掃中、何らかの火花により引火し、爆発しました。
 幸い軽症で済んだものの、場合によっては大きなケガや被害につながるおそれがありました。



 

安全に使用するために・・・

商品に書かれている注意書きをよく読むとともに、下記に十分注意して使用してください。

●燃焼機器(ストーブ、ファンヒーター)や調理器具などの近くで使用しない。

●燃焼機器の近くや自動車内、ガスコンロの付近等の高温となる場所に置かない。

●換気を心がけ、風通しの悪い場所、ガスが滞留する場所では使用しない。

●腐食が発生しやすい、著しく多湿である場所に置かない。

●捨てるときは風通しの良い屋外などでガスを出し切ってから捨ててください。

(四日市市の場合)


スプレー缶に書かれている注意書きの例
火気と高温に注意
高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため下記の注意を守ること。
@炎や火気の近くで使用しないこと。A火気を使用している室内で大量に使用しないこと。B高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40度以上となるところに置かないこと。C火の中に入れないこと。D使い切って捨てること。
高圧ガス:LPG