TOPページ > 防火・防災 > 暖房器具の誤った使用による火災

暖房器具の誤った使用による火災

 寒い季節に大活躍する暖房器具ですが、誤った使用方法をすると火災になることがあります。以下のような使用は絶対にやめましょう。

■ストーブの上で洗濯物を干さない。

 洗濯物をストーブの上に干していませんか?
 ストーブの真上に洗濯物を干すと、熱によって水分が蒸発するので、洗濯物は乾いて軽くなります。また、ストーブの上では熱による上昇気流によって、風が発生しています。このため、乾いて軽くなった洗濯物が風に揺らされて、ストーブの上に落ちてしまい火災となることがあります。
 ストーブの上で洗濯物を干すのは危険なので、絶対にやめましょう。

石油ストーブでの火災

クリックするとポスターが見られます。

このポスターは、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で作成されたものです。

ストーブの上で乾かしていた
洗濯物が落下して燃える様子

 

動画を見る

クリックすると動画が見られます。

 

 


この動画は、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で再現実験を行った際の動画です。


■ストーブ等の近くに燃えやすいものを置かない。

 ストーブを付けたまま就寝したり、カーテンなど燃えやすいものの近くで使用することはありませんか?
 ふとんのそばでストーブを付けたまま寝てしまうと、寝返りをしたときなどに布団がストーブにかかってしまい、それが原因で火災となることがあります。また、扇風機型のハロゲンヒーターを使用している際に、倒れたときに電源が切れる安全装置がうまく働かなかったため、近くにあったカーテンに燃え移って火災となった事例があります。
 ストーブ等の付近に燃えやすいものを置くのは危険なので、絶対にやめましょう。

電気ストーブでの火災

クリックするとポスターが見られます。

このポスターは、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で作成されたものです。

電気ストーブと布団が接触して燃える様子

 

動画を見る

クリックすると動画が見られます。

 

 


この動画は、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で再現実験を行った際の動画です。


■コタツの中で洗濯物を暖めない。

 しめった洗濯物をコタツの中に入れて暖めたりしていませんか?
 コタツの中へ洗濯物を入れると、ヒーター部分に洗濯物が接触することによって、熱が蓄積し火災になることがあります。
 ただ、通常はサーモスタットという加熱防止装置が作動するため、火災となることはありません。しかし、洗濯物とヒーターが接触している状態で、コタツ布団がめくれていたりしているとコタツ内の温度が上がらないため、サーモスタットが正常に作動せず、洗濯物に火がつくことがあります。
 コタツの中で洗濯物を暖めるのは危険なので、絶対にやめましょう。

電気こたつでの火災

クリックするとポスターが見られます。

このポスターは、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で作成されたものです。

コタツの中に置いた洗濯物が燃える様子

 

動画を見る

クリックすると動画が見られます。

 

 


この動画は、NITE 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
で再現実験を行った際の動画です。