TOPページ > 防火・防災 > 「着衣着火」に注意

「着衣着火」に注意

袖口に火が付いたイラスト「着衣着火」とは

 「着衣着火」という言葉を知っていますか?
 仏壇のろうそくの火やガスコンロの火が、衣服の袖口などについてすぐに燃え上がる現象です。これは、「表面フラッシュ」と呼ばれる現象で、一般的には生地の表面が起毛している場合など、生地が空気を含んで燃えやすい状況になっているときに発生しやすいものです。特に、表面に綿・レーヨンなどの毛羽のあるものに発生しやすいと言われています。
なかには、全身におおやけどを負って死亡するといった痛ましい例もあります。

 

 着衣着火をおこさないために

調理の際には、袖やすそが広がっている衣服を避けることやエプロン(防炎加工がオススメ)を着用する。
ガスコンロの奥に物を置かない。
火を使っているときは、火越しの作業はしない
 
 

もしも「着衣着火」してしまったら

衣服に火が着いたイラスト 衣服に火が着いた場合には、慌てないでお風呂や台所のくみ置きの水をかけ消火してください。
また、身辺に水がない場合は、走り回らないでその場に転がって消火してください。
 なお、やけどをしたときは、水道の流水で冷やしてください。