TOPページ > 消防最前線 > 国際消防救助隊(IRT)

国際消防救助隊(IRT)

【国際消防救助隊員への登録】

 平成22年4月1日に四日市市消防本部の6名の隊員が国際消防救助隊員に登録されました。国際消防救助隊は、海外で大災害が発生した場合、世界のトップレベルの救助技術を持つ市町村の消防機関の協力により、迅速に救助隊を派遣できるよう編成されています。活動内容は緊急消防援助隊とよく似ていますが、都道府県を越えて編成されることや、国外で活躍するという点が決定的に違います。現在全国の77消防本部(43都道府県)599名が登録されています。


国際消防救助隊四日市市派遣隊

国際消防救助隊四日市市派遣隊

英語名:International Rescue Team of Japan Fire-Service
略称 :IRT
日本語愛称 :「愛ある手」

【派遣までの流れ】

 国際消防救助隊への派遣決定は、消防庁長官より出動要請があった時点の日本時間によって決定され、要請を受けたら24時間以内に成田国際空港に駆けつけ、海外の被災地に向かうことになります。

四日市市については、
第5グループ   9、10日 第1順位
第6グループ 11、12日 第2順位

に指定されています。第1順位に指定されている消防本部から要請され、第2順位は第1順位の消防本部が対応できない場合、又は隊員数が確保できない場合に要請するものです。
 実際に出動要請があった際には、登録した隊員6名のうち2名程度が派遣される予定です。

平成23年10月 大阪市

平成23年10月 大阪市
国際消防救助隊の実践的訓練

平成23年10月 大津市

平成23年10月 大津市
大津市消防局との合同訓練

【過去の派遣実績】

 

派遣年月日

災害名

被災地

派遣実績、活動概要等

昭61. 8.27
  〜 9. 6
(11日間)

ニオス湖
有毒ガス噴出災害

カメルーン共和国
ニオス湖周辺

国際消防救助隊員1人(東京消防庁)
有毒ガスの再噴出に備え、調査団に対する呼吸保護具の指導

昭61.10.11
 〜10.20
(10日間)

エル・サルバドル
地震災害

エル・サルバドル共和国
サンサルバドル市

国際消防救助隊員9人(東京消防庁5人、横浜市消防局3人、消防庁1人)
倒壊ビルからの救助

平 2. 6.22
 〜 7. 2
(11日間)

イラン地震災害

イランイスラム共和国
カスピ海沿岸

国際消防救助隊員6人(東京消防庁5人、消防庁1人)
倒壊家屋からの救助

平 2. 7.18
  〜 7.26
(9日間)

フィリピン地震災害

フィリピン共和国
ルソン島北部

国際消防救助隊員11人(東京消防庁2人、名古屋市消防局4人、広島市消防局4人、消防庁1人)
倒壊ビルからの救助

平 3. 5.15
  〜 6. 6
(23日間)

バングラデシュ
サイクロン災害

バングラデシュ人民共和国

国際消防救助隊員38人(東京消防庁17人、大阪市消防局11人、川崎市消防局4人、神戸市消防局4人、消防庁2人)及びヘリコプター2機
被災民への救援物資の輸送等を実施

平 5.12.13
 〜12.20
(8日間)

マレイシア
ビル倒壊被害

マレイシア
クアラルンプール郊外
ウルクラン地区

国際消防救助隊員11人(東京消防庁6人、名古屋市消防局2人、北九州市消防局2人、消防庁1人)
倒壊ビルからの救助

平 8.10.30
  〜11. 6
(8日間)

エジプト
ビル崩壊被害

エジプト・アラブ共和国
カイロ郊外
ヘリオポリス

国際消防救助隊員9人(東京消防庁3人、札幌市消防局2人、大阪市消防局2人、松戸市消防局1人、消防庁1人)
崩壊ビルからの救助

平 9.10.22
  〜11.11
(21日間)

インドネシア
森林火災

インドネシア共和国
ランプン州

国際消防救助隊員30人(東京消防庁19人、名古屋市消防局5人、大阪市消防局3人、横浜市消防局2人、消防庁1人)及びヘリコプター2機
火災地点の上空からの情報収集、消火活動の助言

平11. 1.24
  〜 2. 4
(12日間)

コロンビア
地震災害

コロンビア共和国
アルメニア市周辺

国際消防救助隊員15人(東京消防庁8人、大阪市消防局2人、千葉市消防局2人、船橋市消防局2人、消防庁1人)
倒壊ビルからの救助

10

平11. 8.17
  〜 8.24
(8日間)

トルコ地震災害

トルコ共和国
ヤロヴァ地区周辺

国際消防救助隊員25人(東京消防庁12人、川崎市消防局4人、神戸市消防局4人、市川市消防局2人、尼崎市消防局2人、消防庁1人)
倒壊ビルからの救助

11

平11. 9.21
  〜 9.28
(8日間)

台湾地震災害

台湾中部

国際消防救助隊員46人(東京消防庁18人、仙台市消防局4人、千葉市消防局3人、京都市消防局4人及び川口市、松戸市、新潟市、岡山市、倉敷市、佐世保市、鹿児島市消防局から各2人、消防庁3人)
倒壊建物からの救助

12

平15. 5.22
  〜 5.29
(8日間)

アルジェリア
地震災害

アルジェリア民主人民共和国
ブーメルデス県周辺

国際消防救助隊17人(東京消防庁8人、京都市消防局、仙台市消防局、川口市消防本部、朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部から各2人、消防庁1人)
倒壊建物からの救助

13

平16.2.25
 〜 3. 1
(6日間)

モロッコ地震災害

モロッコ王国
アルホセイマ周辺

国際消防救助隊員7人(東京消防庁4人、千葉市消防局1人、京都市消防局1人、消防庁1人)
現地被害状況の調査、救助資機材取扱いに関する技術供与等を実施

14

平16.12.29
〜17.1.20
(23日間)

スマトラ沖大地震・インド洋津波災害

タイ王国
プーケット周辺

国際消防救助隊員46人(東京消防庁23人、大阪市消防局15人、千葉市消防局2人、横浜市消防局1人、相模原市消防本部1人、川越地区消防組合消防本部1人、消防庁3人)及びヘリコプター2機
捜索救助活動、人員・物資搬送、捜索救助技術指導等を実施

15

平17.10.9
 〜10.18
(10日間)

パキスタン・イスラム共和国地震災害

パキスタン・イスラム共和国
バトグラム周辺

国際消防救助隊員 13人(東京消防庁 6人、横浜市消防局
3人、船橋市消防局 2人、茨城西南地方広域市町村圏事務組合消防本部 1人、消防庁 1人)
倒壊建物からの救助

16

平20.5.15
 〜5.21
(7日間)

中国四川省における大地震災害

中華人民共和国

国際消防救助隊17人(東京消防庁6人、名古屋市消防局3人、川崎市消防局3人、市川市消防局2人、藤沢市消防本部2人、消防庁1人)
倒壊建物からの救助

17

平21.10.1
 〜10.8
(8日間)

インドネシア西スマトラ州パダン沖地震災害

インドネシア共和国
パダン市及びパリヤマン市

国際消防救助隊17人(東京消防庁6人、札幌市3人、福岡市消防局3人、さいたま市消防局2人、横須賀市消防局2人、消防庁1人)
倒壊建物からの救助

18

平23.2.23
 〜3.12
(18日間)

ニュージーランド南東地震災害

ニュージーランド
クライストチャーチ市

国際消防救助隊33人(東京消防庁16人、京都市消防局3人、千葉市消防局3人、相模原市消防局2人、高松市消防局2人、新潟市消防局2人、福岡市消防局2人、消防庁3人)
倒壊建物からの救助