このコンテンツはJAVAスクリプトを使用しています。ご覧になる場合はJAVAスクリプトをONにしてご覧ください。

四日市市 選挙管理委員会

開票速報
せんぴょんのホップステップ投票率!
選挙広報第3弾「選挙にイコウ18才」
選挙広報第2弾「それゆけせんぴょん」
せんぴょんについて
せんぴょんってなに?

選挙公報シリーズ ちょっと読んでみまセンキョ!

ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.1ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.2ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.3ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.4ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.5ちょっと読んでみまセンキョ! Vol.6

1900年前にも選挙ポスター!?

1900年前にも選挙ポスター!?

皆さんは、イタリアのポンペイという町をご存じでしょうか。今から1900年以上前にイタリアのナポリ近郊にあった都市で、西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火によって地中に埋もれてしまいました。
ポンペイは噴火で埋め尽くされたため、町がほぼ当時のままに残されました。壁画や青銅の像、酒や油を絞る機械、かまどから取り出した81個のパン、食事中のテーブル、遊具など多くのものが発掘されています。
興味深いことに、その中から選挙に関するポスターも数多く見つかっていて、その数は2,800件を超えます。もっとも選挙ポスターといっても、現在のような紙に印刷されたものではなく、家の壁に描かれたものです。また、その内容も「友人フロントに公職を与えよ」など、他人を推薦するような内容が中心となっています。
それにしても、今から1900年以上前に選挙が行われていて、そのポスターが残されているのは本当に驚きですね。それほど選挙に関心が高かったことの現れかもしれません。
ポンペイの町の人たちがこれほど大切にした選挙の重みを、今から振り返ってみることも興味深いことですね。

 

Copyright(C)2010 四日市市選挙管理委員会事務局. All Rights Reserved.