このコンテンツはJAVAスクリプトを使用しています。ご覧になる場合はJAVAスクリプトをONにしてご覧ください。

四日市市 選挙管理委員会

せんぴょんのホップステップ投票率!
選挙広報第3弾「選挙にイコウ18才」
選挙広報第2弾「それゆけせんぴょん」
せんぴょんについて
せんぴょんってなに?

不在者投票

身体に重度の障害等がある方の郵便等による不在者投票入院・入所中の病院や老人ホ−ムでの不在者投票船員の不在者投票外国に居住する人が外国で投票する場合(在外選挙制度)

外国に居住する人が外国で投票する場合(在外選挙制度)

外国に居住する日本人に国政選挙の選挙権行使の機会を保障するための制度です。在外公館(大使館や総領事館)での投票や郵便による投票ができます。
この制度により投票できるのは、衆議院小選挙区選挙・比例代表選挙及び参議院選挙区選挙・比例代表選挙です。事前に【在外選挙人名簿】に登録申請し「在外選挙人証」の交付を受けてください。

◎在外選挙人名簿の登録申請

  • 登録資格
    年齢満18歳以上の日本国民で、引き続き3か月以上同一領事官の管轄区域内に住所を有する人
  • 申請の方法
    本人又は同居の家族が在外公館の領事窓口に行って申請書を提出してください。申請書は在外公館にあります。
  • 登録
    原則として、日本国内の最終住所地の選挙管理委員会で在外選挙人名簿に登録され、「在外選挙人証」が在外公館を通じて交付されます。
     

◎投票の方法

  • 投票記載場所を設置している在外公館で投票できます。投票記載場所を設置していない在外公館もあり、投票できる期間や時間も投票記載場所によって異なりますので、各在外公館にお問い合わせください。
  • 投票記載場所を設置している在外公館の有無にかかわらず郵便による投票ができます。「在外選挙人名簿」に登録されている市区町村の選挙管理委員会に、郵便により投票用紙を請求してください。投票用紙を郵送します。
  • 選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)により投票することができます。

※ 一時帰国などで、日本国内で転入届を提出し住民票を作成した場合には、当該作成日から4か月を経過したときに在外選挙人名簿から抹消されることとなっており、抹消後は在外投票はできません。この場合には、在外選挙人証を、交付を受けた市区町村の選挙管理委員会に返納してください。
なお、住民票作成後に短期間で再び海外に転出した場合でも、日本国内での滞在期間の長短に関係なく、4か月を経過したとき在外選挙人名簿から抹消され、在外選挙人証は無効になりますので、海外の住所地に戻られてから4ヶ月経過後に改めて在外選挙人名簿への登録申請を行う必要があります。

詳しくは、下記を御覧ください。

外務省 在外選挙のページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/

 

◎ 衆議院小選挙区の区割り改定に伴う在外選挙について

衆議院議員選挙の一票の較差を是正するため、公職選挙法が改正されました。
この法改正により、三重県内の衆議院小選挙区の数が、これまでの5区から4区に見直されたことを受け、四日市市内においても、常磐、川島、桜、中部の各地区市民センター管内が三重県2区から3区に変更となりました。

  >> 選挙の種類
  >> 四日市市内の区割り地図【PDF形式】

なお、お手持ちの在外選挙人証については、下記の点にご留意ください。

  1. 在外選挙人登録した際の国内最終住所地(本籍地の場合もあります)によって、投票対象の小選挙区が変更となっている可能性がありますので注意してください。

  2. 在外選挙人証に記載されている衆議院小選挙区の記載を訂正しない(再交付申請しない)場合であっても、皆様ご本人ご自身が登録されている小選挙区を把握されていれば、有効な投票をすることは可能です。
     

※在外選挙人名簿関係の申請等の手続きについては、お住まいの地域を管轄する在外公館(大使館、総領事館など)の領事窓口や領事出張サービスで受け付けていますので、そちらをご確認ください。

  >> 詳しくはこちら(外務省 在外選挙のページ)

 

Copyright(C)2010 四日市市選挙管理委員会事務局. All Rights Reserved.