トップページ >> 水もれ、水道の修理 、鉛管対策

水もれ、水道の修理

道路の水道管の漏水

 道路から水が漏れている場合は、お手数ですが、至急、上下水道局水道維持課へご連絡ください。交通障害等になりますし、特に冬季は、凍結が起こったりして大変危険です。ご協力をお願いします。

上下水道局水道維持課 TEL 059-354-8360  FAX 059-354-8460

宅地内の水道管の修理

(1) 蛇口を閉めても止まらない場合は…

 まず、パッキンの状態をご確認ください。一般的な蛇口(13mmの単水栓)のパッキン交換は、さほど難しいものではありません。お客様でも交換可能です。パッキンはホームセンター等で入手可能です。交換方法が分からなかったり、交換できそうにもないという方は、有料となりますが、四日市市上下水道局指定業者へ連絡してください。四日市市上下水道局指定業者についてのお問合せはお客様センターへお願いします。

>>指定給水装置工事事業者一覧はこちら

上下水道局お客様センター TEL 059-354-8363  FAX 059-354-8375

(2) トイレが漏水したら…

 トイレの修理については、上下水道局では取り扱っておりません。トイレの設置・施工業者にご連絡ください。

(3)漏水チェック方法は次のとおりです

 家中の全ての蛇口を閉めてから、メーターのパイロットを見てください。パイロットがゆっくり回っていたら、漏水している可能性があります。
詳しく知りたい方は、上下水道局お客様センターへご連絡ください。

上下水道局お客様センター TEL 059-354-8363  FAX 059-354-8375

宅地内の水道管が故障した場合の修繕範囲

宅地内の水道管が故障した場合の修繕範囲

 

修繕の範囲
配水管から第1止水栓までは、上下水道局で修繕します。※ 無料
第1止水栓直後から蛇口までは、お客様のご負担で修繕してください。 有料 (四日市市指定業者に依頼してください。)
>>指定給水装置工事事業者一覧はこちら 

※ただし、宅内の第1止水栓の位置が官民境界から1メートルより奥に設置されている場合は、配水管から官民境界までが上下水道局が行う無料修繕の範囲となります。  詳しくは、下記へお問合せください。

【水漏れの修繕範囲についてのお問合せ先】
技術部水道維持課維持補修係  電話:354-8360  FAX:354-8460

【四日市市指定業者についてのお問合せ先】
管理部お客様センター給水審査係 電話:354-8363  FAX:354-8375

水道の鉛管対策

1. 鉛管とは

 鉛はやわらかい金属で鉄のような赤サビが発生せず、加工・修繕がしやすいことから水道の創設時から、欧米をはじめ日本でも給水管として広く使用されてきました。四日市市でも,昭和51年3月まで、給水管に鉛管を使用していました。

2.鉛の水質基準について

  水道水中の鉛の水質基準は従来、「0.05mg/リットル以下」(平成4年12月厚生省令)とされていました。これは、生涯のみ続けても人の健康に影響を生じない水準をもとに、安全性が十分に考慮されたものです。

しかし、長期的な観点からより安全性を高めるため、平成15年4月からWHO(世界保健機構)の「飲料水のガイドライン」に合わせた「0.01mg/リットル以下」に強化されました。

なお通常、鉛管より通水される水道水は、鉛の含有量が水質基準以下であり、健康上、毎日飲んでも問題ありません。

3.鉛管が使用されている家庭での水道水の使用方法

  通常の状態では特に問題ありませんが、朝一番の水や長期間旅行などで留守にした場合は、鉛管に滞留した水に溶け出す鉛が基準値を超える場合があります。このような水は、一時的で健康に影響を生じるものではありませんが、念のため、バケツ1杯程度を飲用や調理以外の、水洗トイレ、洗濯、洗車、植物や花壇への水まき等にご使用されることをお勧めします。
  例えば、朝起きて水洗トイレを使用されますと、給水管内の滞留した水は排出され、新鮮な水になります。

4.鉛管解消に向けた上下水道局の取り組みについて

 給水管はお客様の財産であり、原則としてお客様自身の負担により、取替えていただく所となっていますが、上下水道局では鉛管の解消を進めるため、配水管より分岐して水道メーターから1.0mまでは、費用を局が全額負担し、ポリエチレン管に取替えを行っています。市内には、多数の鉛管が使用されていることから順次、取り替えを進めてまいります。

 鉛管の取り替え範囲は、原則として「水道メーターの直後約1mまで」(下図(1))とし、鉛管の解消を図ってまいります。(※ただし、鉛管が、家の基礎に入り込んでいる等、上下水道局では、取替工事が出来ない場合もあります。)また、メーター直後約1mのうしろから蛇口まで(下図(2))の鉛管の取り替えはお客様負担となりますので、家屋の建て替えの際や水道局が取り替える際に、併せて取り替えることをご検討ください。

5.鉛管に関するお問い合わせについて

 鉛管取替について、お問い合わせがあれば、上下水道局水道建設課 管路安全係へご連絡ください。

上下水道局水道建設課 管路安全係 TEL 059-354-8362 FAX 059-354-8358