トップページ >> 事業・計画紹介 >> 水道の仕組み・制度 >> 水道を配水するしくみ

水道を配水するしくみ・水道施設

 四日市市の水道水は、その約7割について地下水を水源とし、残りの約3割について三重県企業庁の水沢浄水場などから浄水された水道水を受け入れて供給しています。水源を一つに頼らない、取水(しゅすい)井(せい)(井戸)も一つに頼らない水源の複数混合(ブレンド)化や配水方法のブロック化により、渇水や断水などの影響を減らすように取水や配水のシステムを考えています。安定して安心できる水道水を供給します。

地下水の取水から水道水をお届けするまで

地下水の取水から水道水をお届けするまで 地下水を取水してから、水道水をお届けするまでには、水道施設概要図のとおりに水道施設が配置され、いろいろな仕組みがあります。その概略は、水源地(すいげんち)の取水井から取水し、丘陵部に設置した配水池(はいすいち)に送水してタンクに溜(た)めます。そして、配水池から水道管を通して家庭などへ供給しています。

水道施設概要図 PDFファイルをダウンロードするPDFファイル

 

水源地で良質な地下水を取水しています

 水道施設「水源地」では、河川の周辺にある複数の取水井から地下水を集め、家庭などの蛇口から出た時点においても水道法に適合して供給できるように塩素消毒と酸性・アルカリ性(pH=ピーエイチまたはペーハー)の調整を加えます。地下水は、地層の砂などの中において、そのままでも飲むことができるほどの水質に浄水されていますので、自然の恵みとなる良質な水源と言うことができます。こうして、水道水として供給できるようにしたうえで、丘陵部に設置した配水池に送水して大量に溜めます。 これらの水源施設の運転管理は、三滝水源地でもある水源管理センター(市内尾平町)において24時間の集中管理を行っています。

【水源地等の設置状況】

水源地等の名称
取水井の数
取水施設の数

三滝水源地

9か所

3か所

三滝西水源地

8か所

5か所

内部水源地

9か所

4か所

朝明水源地

10か所

4か所

小牧水源地

2か所

2か所

員弁水源(取水場)

5か所

3か所

楠水源地

1か所

1か所

計7か所

44か所

22か所

 

丘陵部の配水池に溜めてから配水します

貯水エリア図 水道施設「配水池」では、複数の水源地から水道水を小高い丘陵部の池(タンク)に大量に溜め、たとえ何らかの理由で取水ができなくなったとしても半日以上は水道水を供給できるようにしています。この配水池において、水道水の約3割を占める水沢浄水場などから水道水を受け入れ、ベスト・ブレンドにしています。そうして、高い丘陵部から低い平野部へ水道水が流れようとする水圧を利用し、配水エリア図のとおりに水道管を通して家庭などへ供給しています。 これらの水源施設の運転管理は、三滝水源地でもある水源管理センター(市内尾平町)において24時間の集中管理を行っています。

 配水エリアを拡大してご覧いただけます PDFファイルをダウンロードするPDFファイル

【配水池の設置状況】

配水池の名称
池(タンク)の数

生桑配水池

2か所

みゆき配水池

2か所

一生吹配水池

2か所

桜台配水池

1か所

高岡配水池

2か所

水沢北谷配水池

1か所

水沢谷町配水池

1か所

水沢配水池

2か所

山ノ手配水池

3か所

笹川団地配水池

1か所

楠配水池

2か所

朝明配水池

3か所

あがた配水池

2か所

あかつき台配水池

2か所

山村配水池

1か所

計15か所

27か所