トップページ >> ご利用案内 >> ご利用案内(浄化槽) >> 浄化槽設置補助金

合併処理浄化槽設置補助金について

市では、よりよい生活環境を保つために有効な「高度処理型合併処理浄化槽」を自己が居住する建築物に新しく設置される方に対し、予算の範囲内において補助金を交付しております。

 

補助対象区域
(数字は公共下水道施工予定年度までの期間)
下水道事業計画区域外 及び
下水道事業計画区域内で7年以上の区域
補助対象建築物 10人槽以下

専用住宅
地区集会所
併用住宅

11〜50人槽

専用住宅
併用住宅

補助の種類

新築補助金
(新築・改築・増築)

転換補助金
(汲み取り式便所又は単独処理浄化槽からの転換)

浄化槽の大きさ 5人槽 210,000円 570,000円
6〜7人槽 240,000円 630,000円
8〜50人槽 270,000円 690,000円
  • 下水道事業計画区域内で補助金を受けようとする方は区域に制限がありますので、設置される前に当課窓口の縦覧図面で設置場所の区域確認をしてください。
    なお、縦覧図面は毎年4月1日及び10月1日で切り替わりますので、ご注意ください。
  • 補助対象区域は申請時点の縦覧図面で判断します。

補助申請手続きの留意点

補助金を受けることができる方

  • 自己が居住する建築物に新しく合併処理浄化槽を設置される方
  • 合併処理浄化槽を設置した建売住宅を購入される方(建築業者から事前に設置補助の協議があった場合のみ)

補助を受けることができない区域

  • 下水道供用開始区域
  • 当課縦覧図面で下水道工事が予定されている区域(7年区域を除く)
  • 団地集中処理浄化槽が設置されている区域
  • 農業集落排水事業区域(事業計画要望後)
  • コミニティ・プラント事業区域(事業計画採択後)

補助を受けることができない建物

  • 法人または収益を目的とするものの名義の住宅
  • 専用住宅・併用住宅以外の建築物(共同住宅・事務所・店舗など)
    *併用住宅とは延べ面積の1/2以上を自己の居住の用に供し、非居住用面積が50u以下の建築物のことをいう。

補助の対象となる浄化槽

高度処理型浄化槽

窒素又は燐除去能力を有する高度処理型の合併処理浄化槽又はBOD除去能力を有する高度処理型の合併処理浄化槽で、次のいずれかに該当するものであること。

  • 窒素又は燐除去型 放流水の総窒素濃度が20mg/L以下又は総燐濃度が1mg/L以下の機能を有するもの
  • BOD除去型 BOD除去率97パーセント以上かつ放流水のBOD5mg/L(日間平均値)以下の機能を有するもの

転換補助申請の留意点

  • 既存建築物の単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に転換する時
  • 既存建築物の汲み取り式便所を合併処理浄化槽に転換する時

(注) 同一敷地内の建築物から発生する全ての生活排水を処理すること
既存建築物は汲み取り式便所又は単独処理浄化槽の建築物に限るので、合併処理浄化槽を使用しているものは対象外です。

※この制度の趣旨は現に既存建築物に住んでいる方の生活排水を処理することにあるため、原則として過去一年以内の 汲み取り実施済証等又は単独処理浄化槽維持管理表がない場合適用されません。

※汲み取り式便所又は単独処理浄化槽の廃止工事過程の写真が必要です。

浄化槽の大きさの算定について

☆専用住宅の浄化槽の大きさは、原則として次の人員算定基準により算定します。

建築物の延べ面積が130m2以下のもの 5人槽
建築物の延べ面積が130m2を越えるもの 7人槽
二世帯住宅 台所及び風呂が2ヶ所以上のもの 10人槽

注)建築物の使用状況や類似施設の使用水量、その他の資料から明らかに実情に沿わないと考えられる場合には、算定した人員を増減することができます。

四日市市合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付要綱

 

お問い合わせ
四日市市上下水道局 生活排水課 浄化槽指導係
TEL 059-354-8402 FAX 059-354-8375