プラネタリウム

プラネタリウム

プラネタリウム投映機 CHIRON 4○1(ケイロンよんまるいち)が、ギネス世界記録に認定されました!

世界最多の1億4000万個以上の星々を投映するケイロン4○1が「最も多くの星を投映するプラネタリウム」として、ギネス世界記録に認定されました。

市長ギネス認定証.jpg_D815466s.jpg
ギネス認定証

DSC04494.JPG
ケイロン4○1

ドーム内1.jpg

驚異の光学式プラネタリウム 
CHIRON 401

GINGAPORT401に導入された最新型の光学式プラネタリウム投映機は、「本物に限りなく近い美しい星空を再現するプラネタリウム」として注目を集めています。
その名も「CHIRON401(ケイロンよんまるいち)」。
最先端技術により、わずか直径48cmの投映機本体から約1億4千万個もの星々を投映します。また、およそ9500個の恒星(一般的に肉眼で見ることの出来る1等星から6等星まで)は、科学的に正しいその星の固有色をも再現しています。
驚くほどに精細な星々の輝きを、ぜひ実際にプラネタリウムドームでご覧ください。

全天周デジタル投映システム

プラネタリウム施設では日本初となる8K(e-shift)プロジェクターを採用。宇宙空間を高精細な映像によって体験することが出来ます。またこのシステムは、『宇宙からみた地球環境情報の可視化機能』も備えており、市民の方々への環境学習効果も期待されています。
さらに、横幅10000ピクセル以上の超高精細、高輝度デジタルパノラマ投映システム(ビデオスカイライン)により、四日市の見所をまるでその場にいるような臨場感で体験することができるでしょう。
こだわりの音響設備は、13台のメインスピーカーの他、3台の重低音再現用スピーカー、44台もの座席下スピーカーを設置し、立体的な音を楽しめます。
また、プラネタリウム観賞用に新規開発した座席も、人間工学を取り入れ、ゆったりとした心地良い環境で星空観賞や宇宙旅行をお楽しみいただけます。
ユニバーサルデザインの導入や、場内車椅子用リフト、ヒアリングループ(磁気ループ)補聴システムの設置・字幕投映設備等により、どなたにも安心してドームをご利用いただけます。