四日市市立博物館・プラネタリウム

HOME > 学ぶ楽しみ > 大人の社会科②「学芸員体験」

博物館

大人の社会科②「学芸員体験」

博物館では、博物館に興味を持つ大人を対象にしたワークショップ“大人の社会科”を開催しています。学芸員の仕事や、伝統文化の体験ができます。今年は3月まで、全6回行います。
次回は9月3日(日)、大人の社会科③「風呂敷 和のラッピング」を行います。風呂敷の使い方をマスターしませんか?
参加ご希望の方は、8月24日(木)までに博物館までお申し込みください。お待ちしています!

大人の社会科③「風呂敷 和のラッピング」

日時9月3日(日)10時~12時
場所1階講座室
定員20人
参加費200円
申込み住所、名前(ふりがな)、電話・ファックス番号、年齢を明記のうえ、はがきかファクス、Eメールでお申込みください。8月24日(木)必着です。
〒510-0075 四日市市安島1-3-16 四日市市立博物館「風呂敷」係
ファクス 059-355-2704
Eメール hakubutsukan@city.yokkaichi.mie.jp(件名に「風呂敷申込み」と記載してください)

学芸委員体験

7月9日(日)に大人の社会科②「学芸員体験」を行いました。博物館が所蔵する資料が展覧会で展示されるまでに、職員の手で必ず資料調査が行われています。今回は当館所蔵の美術資料を題材に、資料の扱いを学びます。

IMGP5800.JPG

IMGP5806.JPG

まずは仏像の調査を行います!「阿弥陀如来立像(複製)」を対象に、
仏像の高さ・頬の張り・お腹の厚みなどを計測し、調書に記入します。
参加者のみなさんも緊張した面持ちで調査を行っています。

IMGP5811.JPG

IMGP5812.JPG

次に、萬古焼の調査を行います。本体と蓋それぞれの大きさを計測し、
どんな模様が描かれているか、この器の特徴は何なのかを調べます。
「春の花と秋の花がセットで描かれている」「器の底にうずまきが彫られている」
など気づいたことを各自発表しました。

IMGP5814.JPG

IMGP5816.JPG

IMGP5819.JPG

最後に資料評価室(和室)に場所を移し、掛け軸の調査を行います。
四日市ゆかりの絵師である出口對石の「四日市祭図」を使い、
掛け軸をかけ、計測・鑑賞し、しまうところまで挑戦しました。
絵が描かれている本紙を痛めないように、丁寧に作業を進めます。
巻き方・紐の結び方など、少し難しいところもありましたが、
無事調査を完了することができました!

参加された方からは「普段は見られない資料の裏側を見たり、実際に鑑賞できて楽しかった」
「今後も博物館や資料に触れる機会があれば参加したい」といったお声をいただきました。
ご参加いただき、ありがとうございました!