直線上に配置

トップ アイコン
トップページヘもどる

直線上に配置

医薬品とアルコールの相互作用

  「酒は百薬の長」と言われ、私たちの食生活及び社会生活において飲酒の習慣はなかなか切り離せないものです。そこで今回は、お酒(アルコール)と医薬品(クスリ)の相互作用(飲み合わせ)について、注意が必要なものを幾つか見てみましょう。アルコールと薬の相互作用には、アルコールと薬の同時服用によってそれぞれの作用が増強される相加作用、薬やアルコールによるそれぞれの代謝変化があります。

薬物との同時服用での相互作用

 ある薬とアルコールを同時に服用すると、薬の作用とアルコールの作用が合わさって通常よりも効果が強くなることがあります。バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤(ハルシオン、セルシン、デパス、リーゼ等)又は三環系抗うつ薬(トフラニール、トリプタノール、アナフラニール)とアルコールを同時に服用すると、アルコールによる中枢神経抑制作用と薬による作用により、呼吸抑制や循環不全で死亡する危険もあります。また、糖尿病の治療に用いられるインスリンや経口血糖降下剤(オイグルコン、ダオニール、ラスチノン、グリミクロン等)にも注意が必要で、これらの薬物を使用中に多量のアルコールを摂取すると、アルコールによる糖新生阻害と薬の作用により、血糖降下作用が増強されて低血糖となり意識が消失(低血糖昏睡)することがあります。次に、高血圧治療剤である血圧降下剤との服用では、アルコールによる血管拡張作用と薬の作用により血圧降下作用が増強されます。これにより、立ち眩みや、起立性低血圧等がおこります。以上の相互作用は、アルコールと薬物の相加作用によるものです。

アルコールと薬物の代謝変化

 アルコールと薬物の併用によってそれぞれの代謝が変化することがあります。アルコールによって薬物の代謝が阻害され薬物の作用時間が長くなることがあります。代表的なものとしては、抗凝固剤のワーファリンがあります。また、薬物によっては、アルコールの代謝を阻害するものもあり、頭痛、顔面紅潮、発汗、瀕脈、悪心、嘔吐等を生じることがあります。また、アルコール摂取を考えるとき、ビール、ウィスキー、ワイン、日本酒等を考えますが、市販のドリンク剤にもアルコールが添加されており、薬物とアルコールとの相互作用を考える場合無視できません。コップ1杯のビールでも生じる場合があるので自分の判断により市販のドリンク剤を1日に何本も摂取したりしないように注意が必要です。

以上のようにアルコールと薬物の同時服用には様々な危険があるため一緒に服用することは避けるべきでしょう。また、ここに示したものは一部であり、他の薬物によっても様々な相互作用が知られているため注意してください。