市立四日市病院

市立四日市病院

心臓弁膜症の現状

心臓弁膜症の患者数は推定200-300万人といわれています。
そのなかでも大動脈弁が硬くなり、開きにくくなる大動脈弁狭窄症は加齢により生じる弁膜症であり、社会の高齢化に伴い増加傾向にあります。

高齢化の推移と症例推計1

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症とは、心臓の左心室の出口にある逆流防止弁の大動脈弁の動きが悪くなり、心臓から全身に血液を送りだしにくくなる疾患です。
以前リウマチ性変化が原因であることが多かったですが、最近では加齢や動脈硬化が原因となることが増えてきています。

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症の経過

大動脈弁狭窄症は、初期は症状が出ないため、重症になってから発見されることが多いです。重症になると、狭心症状(胸痛)、失神、心不全症状(息切れ、呼吸困難) が生じます。
症状が出てからも治療をしないと、狭心症状からは5年、失神からは3年、心不全からは2年で突然死の危険性を伴い、予後不良です。

大動脈弁狭窄症の経過

大動脈弁狭窄症の治療法

重度の大動脈弁狭窄症の治療は、人工心肺を使って大動脈弁を人工弁に置き換える手術(大動脈弁置換術) が第一選択で長期成績も確立しています。
しかし、高齢の方や他の合併症がある方には、人工心肺手術が困難と判断される場合がありました。TAVIはそのような方々への新しい治療法です。

大動脈弁狭窄症の治療法

大動脈弁狭窄症の新しい治療法;TAVI

TAVIは、Transcatheter Aortic Valve Implantationの略で、経カテーテル大動 脈弁留置術の意味です。
人工弁を折りたたんだ状態にして、カテーテルという医療用の細い管を血管内に挿入して、カテーテルに人工弁を装着して機能が低下した大動脈弁まで運びます。折りたたまれた人工弁の内部にはバルーン(風船) が装填されており、バルーンを拡張させることで人工弁を拡張させ、大動脈弁の位置に固定させる治療です。

大動脈弁狭窄症の新しい治療法;TAVI

TAVIの方法

TAVIには、カテーテルをどこから挿入するかによって、主に2つの方法があります。太ももの付け根にある大腿動脈からカテーテルを挿入する“経大腿アプロー チ”と左肋骨の間を切開し、心臓の先端からカテーテルを挿入する“経心尖アプローチ”があります。“経大腿アプローチ”は最も身体にとって負担が少ないアプローチです。他には、上行大動脈や鎖骨下動脈からのアプローチもあります。

TAVIの方法

TAVI ハートチーム

TAVI治療は、単一の診療科で決定するのではなく、診療科の垣根を越えた様々な医療スタッフが集まってハートチームを結成して提供されます。当院では2015年にハートチームを結成して、TAVI治療に取り組んでいます。

TAVI ハートチーム

TAVI 臨床治験成績

・手術ハイリスクおよび手術不可能な大動脈弁狭窄症患者を対象としたハイリスク群におけるSAPIEN 3の治験成績   30日後の全死亡率:1.6%   障害を伴う脳卒中の発現率:0.8%
・術前では高度な身体活動の制限を伴う患者が90%以上を占めていたのに対し、術後ではその割合は13.3%まで改善され、生活の質の向上がみられました。
・30日後の弁周囲逆流は、「なし」61.6%、「軽度」36.0%であり、長期死亡率の悪化予測因子とされる中等度以上の弁周囲逆流は2.5%と良好な成績でした。

当院TAVI 成績

手技成功率:100%  在院死亡:0  脳梗塞合併:1人(後遺症無し)

当院でのTAVI 治療


当院でのTAVI 治療

お問い合わせ

TAVI治療に関するお問い合わせは、TAVI外来にご連絡ください。 平日8時30分〜17時に受け付けています。

お問い合わせ
ページトップへ