外科

スタッフ

森 敏宏
役職   :消化器外科部長 昭和53年卒
専門領域:消化器外科、一般外科
資格   :日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会専門医、
日本肝臓学会専門医・指導医

蜂須賀丈博
役職   :外科部長 昭和59年卒
専門領域:一般外科、移植外科
資格   :日本外科学会指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本移植学会専門医、
日本臨床腎移植学会専門医、日本ヘルニア学会理事

丸山浩高
役職   :外科副部長、消化器外科副部長 昭和61年卒
専門領域:消化器外科
資格   :日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、
がん治療暫定教育医

水野 豊
役職   :乳腺外科部長 平成6年卒
専門領域:乳腺外科、甲状腺外科
資格   :日本乳癌学会専門医・評議員、日本外科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医、
日本内分泌・甲状腺外科学会専門医、日本甲状腺学会専門医、
検診マンモグラフィー読影医

服部圭祐
役職   :副部長 平成9年卒
専門領域:血管外科
資格   :日本外科学会専門医・指導医、日本脈管学会認定脈管専門医、
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医、血管内レーザー焼灼術指導医

鹿野敏雄
役職   :外科副部長、消化器外科副部長 平成10年卒
専門領域:消化器外科、内視鏡外科
資格   :日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、
日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、がん治療認定医・暫定教育医、
日本救急医学会専門医、日本集中治療学会専門医

寺本 仁
役職   :外科副部長、消化器外科副部長 平成13年卒
専門領域:消化器外科、一般外科、内視鏡外科
資格   :日本外科学会専門医

服部 正嗣
役職   :医長 平成15年卒
専門領域:消化器外科、内視鏡外科
資格   :日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医

砂川 祐輝
役職   :医師 平成18年卒
専門領域:一般外科

坂田 和規
役職   :医師 平成23年卒
専門領域:一般外科

末永 泰人
役職   :医師 平成23年卒
専門領域:一般外科

雫 真人
役職   :医師 平成24年卒
専門領域:一般外科

竹田 直也
役職   :医師 平成25年卒
専門領域:一般外科

松野 将宏
役職   :医師 平成26年卒
専門領域:一般外科

住田 亙
役職   :嘱託医師
専門領域:小児外科、日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医

日比八束
役職   :嘱託医師
専門領域:内分泌外科
資格   :藤田保健衛生大学医学部内分泌外科講座准教授、日本外科学会指導医・専門医、
日本内分泌・甲状腺外科学会専門医、日本内分泌外科学会評議員、
日本甲状腺外科学会評議員、甲状腺腫瘍診療ガイドライン編集委員、
日本外科学会邦文誌編集委員、二次性副甲状腺機能亢進症に対する PTx 研究会幹事、
日本乳癌学会認定医


特色

 当科は、一般外科のみならず内分泌外科、血管外科、移植外科、小児外科にわたる広い領域を診療対象としております。 それぞれの領域に専門医を配し、全国的に見ても恥じない診療レベルを維持しております。また、緊急手術には即座に対応できる体制を整えています。

各専門領域の特長

1. 食道外科
1997年より、蜂須賀手術部長が、より低侵襲な手術手技である胸腔鏡下食道切除術を開始しました。既に症例数は40例を越え、成績も安定しています。最近では、年間症例数も10例を超えることもあり、東海地区でも有数の症例を誇ります。これらの手技は、全国的にも評価を受け、学会等にてしばしば発表しております。また当院は、経験豊富な麻酔科医と充実した集中治療室を備えており、食道手術の最大の問題である術後呼吸管理は万全です。

2. 胃、大腸外科
胃癌、大腸癌の外科は、早期癌については、なるべく低侵襲な手術を、進行癌には、徹底したリンパ郭清を伴う根治的手術を行っています。最近では、胃癌や大腸癌手術にも腹腔鏡を積極的に取り入れ、症例も飛躍的に増加しています。また近年増加している炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)の手術には森部長を中心に積極的に取り組み、よい成績をおさめています。

3. 肝胆膵外科
近年増加している肝臓癌、膵臓癌、胆嚢胆管癌を、森部長、鹿野医長らが積極的に手術しており、その成績も良好です。

4. 内視鏡外科
1990年代の外科学最大の進歩は、内視鏡を用いた患者に優しい内視鏡を用いた手術であると言われています。当院でも、鹿野副部長、寺本医長らが中心となり胆嚢切除、脾臓摘出、副腎摘出に用いております。最近では、胃癌や大腸癌手術にも腹腔鏡を積極的に取り入れ、症例も増加しています。これにより患者さんの痛みが少なく、早期の社会復帰が可能となりました。

5. 乳腺外科
乳腺外科は、北勢地区の乳がん診療における精査・治療の拠点病院としての役割を担っています。マンモグラフィによる乳がん検診の普及により多く発見されるようになった石灰化病変に対しては、乳がんの早期発見のため積極的にマンモトーム生検を行い、また超音波で同定できる腫瘤に対しては吸引組織生検を行い、乳がんの生物学的特性に応じて手術治療、薬物治療を決定しています。
手術治療では、腋窩機能の温存に向けセンチネルリンパ節生検を基本術式とし、また乳房に対しては、MRIによる適切な病変の広がり診断のもと形成外科と連携して整容性と根治性をめざした乳房温存手術や乳房全摘術、乳房再建を行っています。

6. 鼠径ヘルニア手術
95年より、全国に先駆け最新の手術であるメッシュプラグ法を採用し、既に2500例を超える経験を有しています。98年より、1泊2日による日帰り手術も開始し、中日新聞にも取り上げられ反響を呼びました。
われわれの方法は、従来の方法に比べ術後の痛みが少なく、術後早期に日常生活への復帰が可能です。麻酔法も手軽な方法に変えましたので、手術後の歩行は1時間後より可能で、すぐに自力でトイレへ行くことができます。翌日の午前9時には退院となり、軽い仕事であれば、すぐに現場復帰可能です。ヘルニアを人知れずお悩みの方は、ぜひ当院外科をおたずね下さい。

7. 血管外科
当科では、服部副部長が中心となり、末梢の動脈や静脈の疾患の診療を行っています。特に、腹部大動脈瘤や動脈硬化による下肢の血流傷害に対して、積極的に手術療法や血管内治療を行っています。また、近年注目されているステントグラフトにもいち早く取り組み、適応のある腹部大動脈症例では開腹手術なしに治療が可能となりました。また、下肢静脈瘤の治療も積極的に行っており、平成25年4月よりレーザー治療を開始しました。なお緊急手術には、24時間対応できる体制をとっております。

8. 腎臓移植
94年8月第1例目の腎臓移植を行って以来、2013年12月までに献腎移植19例、生体腎移植49例の計68例を経験しています。全国平均とほぼ同等の成績であり、多くの方が社会復帰されています。当院では、2008年より院内標榜科として「移植外科」が開設され、外科蜂須賀、泌尿器科橋本を中心に愛知医科大学打田和治教授の協力を得て、腎移植を行っています。腎移植は近年薬剤の進歩に伴い生着率が飛躍的に向上し、しかも夫婦間での移植も可能になりました。また、一度も透析をせずに直接移植を行う例も増えています。移植に関心のある透析患者さん、透析前の腎不全患者さんは、ぜひ一度蜂須賀の外来をお訪ね下さい。

9. 小児外科
名古屋大学小児外科の住田医師が週1回金曜日外来を開き、小児外科一般の専門外来を行っています。ソケイヘルニアから特殊な小児疾患に至るまで、専門医が診断治療にあたり、金曜日午前手術を行います。また、緊急手術にも対応いたします。

10. 甲状腺・内分泌外科
藤田保健衛生大学外科日比准教授が、毎週月曜日午前に専門外来を開設し、甲状腺、副甲状腺・副腎疾患の診療を行っています。午後には、甲状腺、副甲状腺の手術を行い症例数も増加しています。

平成26年診療実績

入院疾患の概要

手術総数(全身麻酔、腰椎・硬膜外麻酔例)1,540例

胃癌
97例
大腸癌
140例
肝・胆・膵癌
60例
乳癌
199例
鼡径ヘルニア
214例
胆石症
145例
血管外科
305例
腎移植
2例

主疾患治療プロトコール(クリニカルパスによる術後入院期間)

胃癌胃全摘術
16日
 幽門側胃切除術
14日
大腸癌大腸癌手術
10日
乳癌手術乳房部分切除+センチネルリンパ節生検
3日
 乳房全摘+センチネルリンパ節生検
7日
 乳房全摘+乳房再建(エキスパンダー挿入)
10〜14日
腹腔鏡下胆嚢摘出術 
2日
鼡径ヘルニア 
1泊2日
 

施設認定

  日本外科学会  日本消化器外科学会 日本乳癌学会 日本心臓血管外科学会 日本臓器移植ネットワーク

外来診療

受付時間
一般外来       月〜金    8:30〜11:30
乳腺外来       月〜金    8:30〜11:30
小児外科       金       13:30〜16:30
移植外科       水、木     8:30〜11:30
甲状腺内分泌外科 月       8:30〜11:30
血管外科       火、金     8:30〜11:30
All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。