小児科

スタッフ

坂 京子(ばん きょうこ) 小児科部長
     昭和57年卒 小児科専門医、小児神経科専門医、小児科専門研修指導責任医
     専門分野:代謝・内分泌、新生児、小児科一般
 
牛嶌 克実(うしじま かつみ) 小児科副部長
    
平成2年卒 小児科専門医、小児腎臓専門医
     専門分野:小児腎臓疾患、小児科一般
 
牧 兼正
(まき かねまさ) 小児科副部長
     平成3年卒 小児科専門医、周産期専門医(新生児)指導医
     専門分野:小児循環器、新生児、小児科一般
 
小出 若登(こいで わかと) 小児科副部長
     平成12年卒 小児科専門医
     専門分野:小児腎臓疾患、新生児、小児科一般
 
後藤 盾信(ごとう たてのぶ) 小児科副部長
     平成14年卒 小児科専門医・指導医 日本周産期・新生児医学会新生児専門医
     専門分野:新生児、小児科一般
 
後藤 智紀(ごとう ともき) 小児科医長
     平成16年卒 小児科専門医
     専門分野:小児腎臓疾患、小児科一般
 
周山 めぐみ(すやま めぐみ) 小児科医長
     平成16年卒 小児科専門医
     新生児 小児科一般

樋口 真知子(ひぐち まちこ)
     平成20年卒 小児科専門医
     アレルギー、小児科一般  

河邉 宏幸
(かわべ ひろゆき)
     平成23年卒 小児科専門医

神谷 知奈美
(かみや ちなみ)
     平成26年卒

井上 武
(いのうえ たけし)
     平成28年卒

特色

当院は総合周産期センターとして県よりNICU(未熟児・新生児集中治療室)9床およびGCU12床を認可されており、未熟児や重症仮死による呼吸障害、新生児感染症、重症黄疸、新生児外科的疾患など、病的新生児の入院を24時間体制で受け入れています。最近は母体搬送も含めて院内出生の割合が高くなっており、ハイリスク分娩には必ず小児科医が立会い、眼科や小児外科、脳外科、整形外科、耳鼻科など各科と連携して、トータルな新生児医療を行っています。
一般小児病棟では、ほとんどすべての疾患に対して、原則として24時間、入院の必要な患児の受け入れに対応しています。外来では、非常勤医師(3名)や臨床心理士(1名)も加わって、小児神経(てんかん)外来や小児循環器外来、代謝・慢性疾患外来、NICUフォローアップ外来、発達心理検査などの専門外来を開いています。
総合病院の利点を生かし、各科の協力・応援のもとに小児医療の充実に努めていますが、小児悪性腫瘍や先天性心疾患の手術治療など、特殊な高度専門医療を必要とする場合には、名古屋市立大学、名古屋大学、三重大学等の各大学病院や社会保険中京病院、あいち小児保険医療総合センター等に紹介しています。発達障害についても必要な場合には三重県立子ども心身発達医療センター、あけぼの学園などの専門機関へ紹介しています。

小児科で扱う疾患
1 未熟児・新生児の疾患
2 言葉や運動など発達の遅れ、多動児など
3 体重増加不良や夜尿(おねしょ)など栄養や保育に関する問題
4 アトピーや喘息、食物アレルギーなどアレルギー疾患
5 肺炎や肝炎、髄膜炎、麻疹(はしか)などの感染症
6 咳、鼻詰まりなどの呼吸器系の病気
7 下痢や腹痛など消化器疾患
8 尿路感染症、血尿・蛋白尿などの腎臓病
9 低身長、甲状腺機能低下症、糖尿病などの内分泌疾患
10 心臓病や低血圧などの循環器系疾患
11 リウマチや川崎病、あるいは疲れ易い、よく熱を出すなどの病気
12 けいれん(てんかん)や脳炎などの神経疾患、あるいは筋肉の病気など
13 貧血や白血病など血液の病気
14 小児癌などの腫瘍性疾患
15 遺伝疾患や先天的な代謝異常
16 タバコやピーナツの誤飲(気を付けて!)など
17 不登校など心の問題
18 その他、救急疾患、被虐待児など



夜間・休日の外来救急体制について

当院小児科はNICU当直業務のため、時間外の小児一次救急患者さんの診療は行っていません。夜間・休日に受診される小児患者さんにつきましては、当院の救急外来ERで、救急担当医と研修医が初期診療を担当し、必要に応じて(たとえば新生児や入院が必要な重症例、他院からの紹介患者さんなど)、小児科医が対応しています。また、多くの患者さんが受診されますので、重症患者さんの診察や処置が優先となり、お待ちいただく時間が長くなる場合もございます。予め御了承ください。
平日夕方でしたら内科・小児科診療所を、日曜・祭日の昼間は四日市市応急診療所を、できるだけ利用していただくことをお勧めします。


平成29年度診療実績

小児科入院患者集計
<7C小児病棟>
 
   
*入院患者総数 889名 
*疾患別内訳 
 呼吸器系疾患 409名
 感染症(含、感染性胃腸炎)155名
 腎・尿路系疾患56名
 神経系疾患23名
 内分泌・代謝疾患18名
 皮膚および結合織疾患15名
 消化器系疾患15名
 血液・腫瘍疾患20名
 循環器疾患(含、川崎病44名)  54名
 その他  124名
<NICU病棟>
 
   
*入院患者総数 268名
(院内出生 206名、院外出生 62名)
 
*出生体重別入院数 
 1000g未満 9名
 1000〜1499g11名
 1500〜1999g 32名
 2000〜2499g  57名
 2500g〜 159名
*人工呼吸管理施行  33例
*NO吸入療法施行5例
*脳低温療法施行 2例
その他
 
 心理発達検査 150件:新版K式発達検査 134件、
WISC−W 16件
 
  脳波検査 410件 
  聴性脳幹反応(ABR) 25件、新生児aABR 288件 
  外来心エコー 864件 
  腎生検 13件 
  腹部エコー(腎・膀胱) 542件 
 腎静態シンチ(DMSA) 18件
腎動態シンチ(MAG3) 1件
 
  排尿時膀胱尿道造影(VCUG) 24件 
  食物アレルギー負荷試験 7件 

施設認定

 総合周産期センター
  (狭義NICU 9床、GCU12床)
 日本小児科学会専門医制度研修施設
 日本周産期・新生児学会、新生児専門医制度暫定研修施設


外来診療

診療日と受付時間
 一般外来 月〜金(午前8:30〜11:30)
診察は9時からとなります。
 予防接種外来 毎月(午後3:30〜)(予約制)
 乳児健診 毎火(午後1:30〜)(予約制)
初診の方は、なるべくかかりつけ医の紹介状をご持参ください。紹介の方が優先となります。詳しい内容などは小児科外来までお問い合わせ下さい。外来業務の都合上15:00〜16:30の間にお願いします。特殊外来は全て、原則として再来予約患者さんのみとなっております。



All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。