耳鼻咽喉科

スタッフ

宮村 朋孝
(みやむら ともたか) 
耳鼻咽喉科副部長 平成11年卒、
耳鼻咽喉科専門医
竹尾 哲
(たけお てつ) 
耳鼻咽喉科医長 平成15年卒、
耳鼻咽喉科専門医
松田 恭典
(まつだ やすのり) 
耳鼻咽喉科医員 平成24年卒 、
 


当科の特色

耳・鼻・咽頭・喉頭一般、頭頸部腫瘍を取り扱い、手術を中心とした治療を積極的に行っています。

 

頭頸部腫瘍   当科で積極的に取り組んでいる領域のひとつです。頸部の手術では、甲状腺腫瘍、耳下腺や顎下腺の唾液腺腫瘍を中心に行っています。当科では耳鼻咽喉科医による頸部のエコー・穿刺吸引細胞診を外来で行っており、甲状腺腫瘍に対しては悪性例・大きな腫瘍例と手術の適応を絞って行っています。発声機能を有する喉頭の悪性腫瘍では、早期例には放射線治療が中心で、進行例、再発例で手術が選択されます。

 

慢性副鼻腔炎・鼻茸  全身麻酔で内視鏡下の副鼻腔手術を行っています。鼻の入口部からのアプローチで手術を行い、手術後の負担の軽減に努めています。

 

アレルギー性鼻炎  アレルギー性鼻炎は内服、点鼻薬が通常ですが、これらの治療では効果不十分の場合、必要に応じ全身麻酔下の鼻中隔矯正術、下鼻甲介切除術、後鼻神経切断術を行っています。

 

慢性扁桃炎・扁桃肥大症  全身麻酔下にアデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術を行っています。

 

声帯ポリープ・浮腫性声帯炎  直達喉頭鏡下に顕微鏡下に喉頭微細手術を行っています。入院期間は短期で、声帯ポリープ・浮腫性声帯炎あるいは喉頭腫瘍に用いられています。
 当科の手術予定日は、火曜日午後、木曜日午前・午後、金曜日午後となっています。

 


平成26年診療実績

平成26年 耳鼻咽喉科手術件数
手術名症例数
先天性耳瘻管摘出術6
外耳腫瘍切除術7
鼓膜チューブ挿入術5
鼻中隔矯正術13
鼻甲介切除術(片or両)6
鼻内鼻副鼻腔腫瘍摘出術(うち悪性)10
内視鏡下鼻内副鼻腔手術43
口蓋扁桃摘出術(含む アデノイド切除術)48
舌・口腔咽頭腫瘍摘出術(うち悪性)16(3)
ラリンゴマイクロサージェリー30
気管切開術19
気管孔閉鎖術2
顎下腺摘出術10
耳下腺腫瘍摘出術(うち悪性)15
舌下腺切除1
頸部郭清術3
甲状腺良性腫瘍摘出術(うち悪性)24(13)
側頚嚢胞摘出術3
リンパ節生検28
  
合 計 249

当科は日本耳鼻咽喉科学会認定専門医制度研修施設です。

 


施設認定

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医制度研修施設

 


主要医療機器

電子スコープ(内視鏡)、ナビゲーションシステム(手術支援器)、
超音波診断装置、顕微鏡各種、聴力検査機器各種、平衡検査機器各種など

 


外来診療

一般外来   月〜金 (午前8:30〜11:30)
エコー外来   毎週月・水 (午後3:00〜)(予約制)

※耳鼻咽喉科の初診は、紹介状をお持ちの方のみとなります。


All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。