整形外科

医師紹介

職名 氏名 卒業年次 専門領域 学会専門医資格等
部長 奥井 伸幸 平成8年 整形外科
手外科
肘関節外科
マイクロサージャリー
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本手外科学会専門医
日本マイクロサージャリー学会評議員
医長 中野 智則 平成16年 整形外科一般
手外科
マイクロサージャリー
日本整形外科学会専門医
医長 川本 祐也 平成17年 整形外科一般
手外科
マイクロサージャリー
日本整形外科学会専門医
医員 尾池 彬嗣 平成23年 整形外科一般
外傷
日本整形外科学会専門医
医員 山本 和樹 平成23年 整形外科一般
外傷
日本整形外科学会専門医
医員 細川 佑太 平成24年 整形外科一般
外傷
 
医員 藤井 整 平成25年 整形外科一般
外傷
 
医員 田中 真矢 平成26年 整形外科一般
外傷
 


非常勤医師 専門外来

職名 氏名 曜日 専門領域 役職等
非常勤 鬼頭 浩史 第3 金曜
 (予約外来)
小児整形 名古屋大学整形外科 准教授
非常勤 祖父江 康司 木曜
(予約外来)
リウマチ 名古屋大学整形外科 医員
非常勤 町野 正明 水曜
(予約外来)
脊椎外科 名古屋大学整形外科 医員

※予約患者さんのみの外来となります


特色
北勢地方の基幹病院として最善の治療を行うように努めています。当院は3次救急の救命救急センター(ER-Yokkaichi)を併設しており、多発外傷や重症疾患にも24時間体制で対応をしています。地域に密接した医療を目指し、開業医の先生方とも親密な連携をとり、手術療法など専門的治療が必要な患者さんを中心に診療を行い、年間約 1,400件の手術を行っています。地域連携パスを導入し、リハビリテーションや保存療法が必要な方にはお近くの開業医にご紹介いたしております。

対象となる疾患と診療内容
整形外科では、骨・関節・筋・腱・神経といった四肢運動器や脊椎・脊髄の障害や外傷に対して、診断・治療・リハビリテーションなどを行っており、さらに様々な分野に分かれて専門性の高い診療を行っています。また、手術以外の保存的治療や、術後のリハビリテーションについては地域の病院・診療所などとも連携して包括的な治療にあたっています。

@ 外傷
小児から高齢者まで、幅広い年代の外傷に対応しています。外傷には、骨折、筋・腱損傷、神経・血管損傷、皮膚・軟部組織損傷などがあり、小児では将来の成長を見越した治療、成人では早期社会復帰を目指した治療といった年齢やADL(日常生活動作)に応じた最適な治療を選択するよう心がけています。また、顕微鏡を用いて微細な手術を行うマイクロサージャリーや他の診療科との連携が必要な多発外傷など、重度外傷にも対応しています。

A 手外科疾患
外傷に伴う上肢の骨折や腱・神経・血管損傷に対して専門的治療を行っており、四肢切断や挫滅損傷ではマイクロサージャリーを用いた再接着術、組織移植術にも対応しています。手・肘関節疾患に対する関節鏡視下手術やデュピュイトラン拘縮に対する酵素注射療法・手術治療、手根管症候群や肘部管症候群などの末梢神経障害に対する治療も行っています。

B 関節疾患
股関節、膝関節といった下肢大関節を扱い、加齢性変化による変形性関節症、リウマチ性関節症、外傷後の関節障害などに対して治療を行っています。装具治療、薬物治療、注射、リハビリテーションなどの保存的治療を行い、症状の進行した方には人工関節置換術や骨切術などの手術治療も行います。

C 脊椎・脊髄疾患
背骨(頚椎・胸椎・腰椎)の障害を扱い、変形性脊椎症や脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折などによる疼痛・神経障害に対して治療を行っています。装具治療、薬物治療、注射などの保存的治療を行い、疼痛や運動機能障害が強い方には除圧術や固定術などの手術治療も行います。

D スポーツ障害
主に青少年から壮年期の各種スポーツによる障害に対して治療を行い、早期スポーツ復帰を目指しています。関節軟骨・靭帯損傷、関節障害、疲労骨折などがあり、装具治療や関節鏡視下手術、機能再建手術などを行っています。

E リウマチ
関節リウマチの検査、薬物治療、手術治療まで、包括的に診療を行っています。リウマチは新たな治療薬の開発がめざましい分野であり、抗リウマチ薬、免疫抑制剤、生物学的製剤などを組み合わせた保存的治療を行います。関節障害の進行した方には関節形成術や人工関節置換術などの手術治療も行います。

F 小児整形
乳幼児から小児期の運動器疾患に対して治療を行っています。先天性股関節脱臼や内反足などの関節疾患は早期より装具治療を行いますが、経過によっては入院での牽引治療や手術治療も行います。また、多指症などの先天奇形については1歳前後での手術治療を行っています。遺伝的な骨系統疾患や複雑な先天奇形ではより高度な治療を要することもあり、専門的な施設とも連携をとって治療にあたっています。


平成29年 診療実績

手術件数  1407 件
   
骨折手術 554
脱臼・靱帯損傷 38
人工関節・人工骨頭 99
背椎手術 28
マイクロサージャリー 49
手根管症候群 48
肘部管症候群 22
腱鞘切開 55
腱縫合・腱移行 32
抜釘 122
その他 360



外来診療

  診察日 受付時間
一般整形 外来 月〜金 8:30〜11:30
リウマチ外来 毎週木曜 8:30〜11:30
脊椎外来 毎週水曜 8:30〜11:30
乳児健診 毎週金曜 8:30〜11:30
小児整形外来 毎月の第3金曜 8:30〜11:30

 


All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。