市立四日市病院トップページ > 診療科一覧 > 脳神経外科・脳神経血管内治療科

脳神経外科・脳神経血管内治療科

スタッフ

中林 規容 部長

 名古屋大学医学部 昭和60年卒業 医学博士

 専門領域
  脳神経外科全般、脳血管障害、脳血管内治療、脳腫瘍、背椎背髄疾患
 資格
  脳神経外科専門医・指導医、脳卒中学会専門医、脳神経血管内治療指導医、専門医
  リハビリテーション認定臨床医、神経内視鏡認定医、がん治療認定医

  名古屋大学医学部臨床講師


相見 有理 副部長

 名古屋市立大学医学部 平成6年卒業 医学博士

 専門領域
  脳神経外科全般、間脳下垂体疾患、良性脳腫瘍、脳血管障害、背椎背髄疾患
 資格
  脳神経外科専門医・指導医、脳卒中学会専門医、神経内視鏡認定医、集中治療専門医、
  日本麻酔科学会専門医


吉田 光宏 副部長

 東北大学医学部 平成8年卒業

 専門領域
  脳神経外科全般、背椎背髄疾患、脳血管障害、脳腫瘍
 資格
  脳神経外科専門医・指導医、神経内視鏡認定医、背髄外科学会認定医


白石 大門 医員

 福井大学医学部 平成21年卒業

 専門領域
  脳神経外科全般
 資格
  日本脳神経外科学会専門医


水谷 高輔 医員

 平成28年卒業

 専門領域
  脳神経外科全般


市原 薫 副院長

 名古屋大学医学部 昭和52年卒業 医学博士

 専門領域
  脳神経外科全般、脳腫瘍、脳血管障害、背椎脊髄疾患
 資格
  脳神経外科専門医、脳卒中学会専門医、背髄外科学会認定医

  名古屋大学医学部臨床講師


伊藤 八峯 名誉院長

 三重大学医学部 昭和43年卒業 医学博士

 専門領域
  脳神経外科全般、脳腫瘍、脳血管障害、背椎脊髄疾患
 資格
  脳神経外科専門医、脳卒中学会専門医、背髄外科学会認定医


診療方針(特徴)

  ER、三次救命救急センターを有する三重県北勢地区の基幹病院です。昭和49年開設された脳神経外科では総合的な脳神経外科治療(脳腫瘍、脳血管障害、外傷、脊椎脊髄疾患、小児奇形、機能的疾患)が行われており、特に機能予後、低侵襲手術を重視し、脳血管内手術、内視鏡手術、各種モニターを駆使した多角的治療を行い、治療成績の向上に努めています。脳腫瘍、脳動静脈奇形などの手術では、ナビゲーション、モニタリングがほぼ必須なものとして使用され、下垂体腫瘍の多くは経鼻的内視鏡手術が行われ、脳動脈瘤の治療は開頭術と塞柱術はほぼ半数となっており、治療適応となる頸動脈狭窄の大部分がステントにて治療されています。背椎手術にも積極的にインスツルメント、モニタリングが使用され、転移性脳腫瘍では定位放射線治療施設に患者さんを積極的に紹介しています。今後も患者さんのニーズに応えるべく絶え間ない研鑽が必要と考えています。

脳血管内治療について


各疾患について

脳腫瘍
 神経膠腫、髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの原発性脳腫瘍から転移性腫瘍まで全ての脳腫瘍につき治療が行われており、治療経験も豊富です。
 化学療法、放射線療法については名古屋大学脳神経外科のプロトコールに従い行われています。従来からの開頭による腫瘍の摘出に加え、低侵襲治療であるガンマーナイフ治療については近隣施設に患者さんの希望、状態、治療効果を考え紹介を積極的に行っております。
 髄膜腫など手術中の出血が多くなる患者さんには積極的に術前の塞栓術を行っております。

脳血管障害
 当院には脳卒中学会専門医が3名、脳血管内治療指導医、専門医が1名常勤しております。 出血性の脳血管障害の患者さんは脳神経外科で治療を受けていただいております。特にくも膜下出血をおこした脳動脈瘤や未破裂脳動脈瘤に対しては開頭クリッピング手術とコイルを用いた脳血管内手術を適切に使い分けた治療が行われております。
 脳出血については緊急開頭手術から内視鏡手術、CT定位血腫吸引術まで施行可能です。
 稀な疾患である脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻についても治療経験は豊富です。脳梗塞などの閉塞性疾患についてもバイパス手術、頸動脈血栓内膜除去術など従来からある脳神経外科手術と血栓溶解療法、血管拡張術、ステント留置術などの脳血管内手術を使い分けた治療が行われています。

脊椎脊髄疾患
 当院には脊髄外科学会専門医が2名常勤しております。頸椎、胸椎、腰椎の変成疾患、脊髄腫瘍、脊椎外傷すべての領域に対応して治療が行われています。特に頚椎疾患については経験が豊富です。
 患者さんの症状にあわせて低侵襲な治療から種々のインスツルメンテーションを用いた拡大手術まで行われています。

機能的疾患
 三叉神経痛、顔面けいれんに対する神経血管減圧術については治療経験が豊富です。


認定施設

名古屋大学脳神経外科研修プログラム 研修病院
脳卒中学会認定教育病院
日本脳神経血管内治療学会認定研修施設


医療設備

CT(3台)、MRI(3台)、3DDSA、リニアック、手術用顕微鏡(2台)、脳神経外科用内視鏡、超音波メス、術中血管撮影装置、RI−SPECT


外来診療

月〜金の午前。
初診受付は午前8時30分〜11時30分

伊藤名誉院長
市原副院長 水・木
中林部長 月・金


◆平成26年診療実績(症例数、治療、成績)

  • 2014年の入院患者数は677人、手術件数367件。脳動脈瘤クリッピング術33件、脳血管内手術52件、脳腫瘍摘出術31件、脊椎脊髄手術49件。
  • 脳動脈瘤の治療については動脈瘤の部位、形状、患者の状態に応じ、開頭クリッピング術、血管内手術を柔軟に適応させている。
  • 虚血性脳疾患に対して積極的に手術適応を検討して頚動脈、鎖骨下動脈、椎骨動脈狭窄にステント留置術を初期から導入し、年間約20件行っている。
  • 脊椎・脊髄疾患では、頚椎・胸椎・腰椎の変成疾患、脊髄腫瘍、外傷と全ての領域に対し治療を行っている。
  • 脳腫瘍は全摘出により治癒できる髄膜腫、神経鞘腫をはじめ、下垂体腫瘍(神経内視鏡による経鼻手術を導入)、悪性脳腫瘍(名古屋大学のプロトコールに沿った放射線化学療法、ガンマナイフなどの治療を症例に応じて併用)など多彩な疾患に対して治療を行っている。
  • 神経内視鏡手術:下垂体腫瘍、水頭症、脳腫瘍の生検術、脳出血に対する血腫吸引などに施行しており、低侵襲治療に貢献している。
  • 三叉神経痛、顔面痙攣などの機能的疾患に対しても積極的に神経血管減圧術を行っている。


All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。