消化器科

スタッフ

矢野 元義(やの もとよし) 部長、昭和59年卒
     資格:日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医
     専門:肝臓・消化器

小林 真(こばやし まこと) 副部長、平成2年卒
     資格:日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、
     日本肝臓学会専門医、日本内科学会専門医
     専門:消化器・内視鏡治療

水谷 哲也(みずたに てつや) 副部長、平成7年卒
      資格:日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、
      日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医
      専門:肝臓・消化器

桑原 好造(くわばら こうぞう) 副部長、平成9年卒
      資格:日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、
      日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本肝臓学会専門医、
      日本医学放射線学会認定医
      専門:肝臓・消化器

前川 直志(まえがわ ただし) 医長、平成19年卒
      資格:日本内科学会認定、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医
      専門:消化器

熊谷 成将(くまがい まさゆき) 医員、平成22年卒
      資格:日本内科学会認定医
      専門:消化器

二宮 淳(にのみや じゅん) 医員、平成22年卒
      資格:日本内科学会認定医

小林 新(こばやし あらた) 医員、平成22年卒
      資格:日本内科学会認定医
      専門:消化器

小嶋 健太郎(こじま けんたろう) 医員、平成25年卒
      資格:日本内科学会認定医
      専門:消化器

三輪田 哲郎(みわた てつろう) 医員、平成25年卒
      資格:日本内科学会認定医
      専門:消化器

杉山 斉(すぎやま ひとし) 医員、平成25年卒




特色

《肝疾患》
 C型慢性肝炎に対しての治療は進歩が著しく、新しい薬剤の出現などにより、9割近くの患者さんで、ウイルスを消失させることが可能になってきました。また、治療には、国からの補助も出るため、経済的な心配も不要です。ペグインターフェロン、リバビリン、プロテアーゼ阻害剤3剤併用療法やインターフェロンを用いない経口剤のみによる治療など、患者さんの状況を適切に判断し、積極的な治療を行い、肝硬変への進展阻止・発癌抑制を目指しています。B型肝炎は病態と年齢を考慮して、核酸アナログ製剤の内服治療やインターフェロン治療を施行しています。肝細胞癌の局所治療としてラジオ波焼灼療法(RFA:部位により人工胸水、人工腹水を併用)やCT連動血管造影装置にてカテーテルを用いた動脈塞栓術を行っています。

《胆道膵臓疾患》
 胆石・胆嚢炎、総胆管結石については出来るだけ早期に内視鏡または経皮的処置を行っています。悪性腫瘍による閉塞性黄疸対しても積極的にステントを留置し、抗癌剤を併用しながらQOLの向上を目指しています。

《消化管疾患》
 早期胃癌、早期大腸癌、早期食道癌に対しては、内視鏡的粘膜下層剥離術により、内視鏡的治療を行い、開腹手術をせずに治る患者さんも多数みえます。消化管出血症例には積極的に緊急内視鏡検査を行い、各種止血処置をしています。超音波内視鏡を用いた消化管悪性腫瘍の深達度診断や、粘膜下腫瘍の質的診断及び穿刺・吸引細胞診も行っています。


平成26年診療実績

 
入院患者数 1,577例
胃癌135例 大腸癌122例
食道癌23例 肝癌136例
膵・胆道系悪性腫瘍124例 その他悪性腫瘍14例
大腸ポリープ343例 胃ポリープ33例
消化性潰瘍103例 炎症性腸疾患8例
食道静脈瘤11例 胃腸炎35例
急性肝炎7例 慢性肝炎24例
その他の肝疾患41例 胆石症152例
急性膵炎35例 その他231例


◆消化器検査、治療
検査、治療のべ患者数
上部消化管内視鏡検査 3,232例
大腸内視鏡検査 2,487例
超音波内視鏡検査103例
内視鏡的消化管止血術188例
食道静脈瘤結紮術/硬化療法21例
大腸腫瘍内視鏡下切除378例
胃腫瘍内視鏡下切除16例
大腸/胃を含めESD180例
内視鏡的逆行性膵胆管造影
(乳頭切開、砕石術なども含む)
203例
内視鏡的/透視下胆道ステント留置32例
肝細胞癌ラジオ波焼灼療法45例

 


施設認定

 日本消化器病学会認定施設、日本肝臓学会認定施設、日本消化器内視鏡学会指導施設


医療設備

 米国FDA認可内視鏡洗浄機、使い捨て内視鏡生検鉗子(平成8年以降)、超音波内視鏡装置細径電子内視鏡


外来診療

初診受付時間 月〜金 8:30〜11:30(かかりつけ医から指定予約可能・紹介時優先診療)
再診予約   月〜金 指定枠内適宜


All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。