ふれあいグループ

●病院ボランティアとは・・・?

 初めて病院を訪れたとき、戸惑ったことはありませんか?受診の仕方、外来や検査室の場所、車椅 子で移動が必要なときの方法など、戸惑うこともたくさんあるのではないでしょうか。そんな時ボランティアの協力があれば、患者さんは安心して治療にのぞむことができるでしょう。
 私たちは、医師・看護師・その他の職員と協力して、病院を利用する人々にとってよりよい環境の中で 安心して医療を受けることができるように自主的に活動を行っています。

●市立四日市病院ふれあいグループは

●活動内容

外来ホール

月〜金、午前中の約2時間、1階外来ホールにて、来院された患者さんの新患受付案内、代筆、 院内案内や誘導、車イス利用時の介助、再来受付機の介助など行っています。

病棟でのボランティア

(1) ふれあいタイムグループ
6B病棟を中心に、毎週水曜日、午後の約1時間、軽いリハビリ体操、童謡から演歌、軍歌等をみんなで歌う。月に1度は、バイオリン・オルガン等の演奏もあり。

(2) リハビリ送迎グループ
リハビリの必要な患者さんを病棟からリハビリテーション室へ送迎する。その時を チャンスに話相手としても活動。

裁縫

 各科外来・病棟からの依頼に応じ、各種カバーなど作成しています。

花壇グループ

 病院玄関周りに、季節の花を植える。

各種行事のボランティア

 病棟で行われるクリスマス、七夕のつどいに協力

●活動の基本

定例会: 月に1回、ボランティアメンバー全員参加
病院から総務課、医事課、看護師、ソーシャルワーカー参加
(1ヶ月の活動を振り返って、質問、要望、連絡、研修等)
親睦会: 年1回程度、食事会、旅行等
会報: ふれあいニュース(3ヶ月に1度発行)
役員会: 随時
ボランティア委員会: 年に1回(ふれあいグループと病院のボランティア委員が参加)
研修: ボランティアワンランクアップ講座(毎月定例会時)
日本病院ボランティア協会主催研修(年1回程度)
その他のボランティア研修
新人募集・研修: 随時
活動時間: 平日の午前8時30分〜午後5時の間で自分で決める。

●ご連絡は

ふれあいグループ代表 飯田淳子
TEL/FAX 059-352-2611

市立四日市病院
地域連携・医療相談センター サルビア
059-354-1111 内線5185