初期臨床研修 後期臨床研修 歯科臨床研修
病院概要 病院見学 実績・先輩の感想
卒後臨床研修評価機構認定病院    



泌尿器科

概要
 
部長

筧 英雄   山田 幸隆 

副部長 橋本 好正 
 
特徴
 
 高齢化社会に伴い泌尿器科疾患は年々増加傾向にあり、とくに前立腺疾患、悪性疾患が多い。積極的に前立腺生検を行い、根治可能な病期、年齢では前立腺全摘出術を行なっている。尿路結石症ではESWLのみでは根治不能な症例もあり、TUL PNLも取り入れている。
 
一般目標
 
 泌尿器科について幅広い知識を身につけ、自ら診断・治療に取り組むことにより経験豊かな泌尿器科専門医をめざす。

行動目標
 
1年目:
  1. 泌尿器科の基本技術を習得し、尿路生殖器の理学所見をとることができる。
  2.  
  3. 尿路生殖器の解剖と生理を理解し、画像・検査結果を正確に読み取ることができる。
  4. 泌尿器科疾患の診断・鑑別ができ、患者の状態に応じた治療計画をたてることができる。
  5. 内視鏡ならびに手術器具の特性を理解し、使用法が説明できる。
  6. 指導医のもと経尿道的検査・手術、精巣摘除術,その他の小手術ができる。
  7. 手術の介助ができる。
  8. 緊急時の尿道カテーテル留置、尿管ステント留置、腎瘻造設ができる。
2年目:
  1. 独立して外来・病棟患者の診療ができる。
  2. 指導医のもとで経尿道的検査・手術,精巣摘除術,その他の小手術ができる。
  3. 指導医のもとで膀胱・前立腺の手術に取り組む。
3年目:
  1. 独立して経尿道的検査・手術,精巣摘除術,その他の小手術ができる。
  2. 指導医のもと腎摘除術,根治的膀胱全摘除術・前立腺摘除術,尿路形成術の修練を積む。
  3. 独立して精液検査、膀胱内圧測定ができ、専門外来が担当できる。
3年間を通して:
  1. 同僚、コメディカルとのコミュニケーションを円滑に行いチーム医療の一員であることが自覚できる。
  2. 患者の訴えに常に耳を傾け、状態の変化に迅速に対応できる。
  3. 患者・家族に対し、病状についてやさしい丁寧な言葉で繰り返し説明できる。
  4. 症例報告、臨床研究を学会ならびに論文発表できる。
週間スケジュール

 
午前
午後
週末入院患者カンファレンス  手術 手術
手術

ESWL  レントゲン検査
手術症例カンファレンス

手術 手術
外来  膀胱鏡検査 ESWL  レントゲン検査
手術症例カンファレンス
膀胱鏡検査 手術

 

All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。