初期臨床研修 後期臨床研修 歯科臨床研修
病院概要 病院見学 実績・先輩の感想
卒後臨床研修評価機構認定病院    


 

形成外科

概要
 
医長

風戸 孝夫  (日本形成外科学会専門医) 

スタッフ  2名
 
診療実績(2005年)

 

 

新患者数

752名

 
外来患者数
6856名
入院患者数
187名
手術件数  全麻手術
114名
 
 腰麻手術
40名
 
 局麻手術
263名
 
 マイクロサージャリー
11件
 
 レーザー
54件
 
     
   手術内訳
   

 

熱傷・新鮮外傷
11例
顔面外傷・骨折
15例
先天異常
13例
良性腫瘍
144例
悪性腫瘍及び再建
33例
瘢痕・ケロイド
68例
褥瘡・難治性潰瘍
75例
美容外科・その他
58例
   
   
   
  
特徴
 

三重県北勢地域唯一の形成外科常勤病院として、熱傷や外傷、先天異常、再建手術、美容外科など症例は幅広く、形成外科全般にわたる研修が可能である。またマイクロサージャリーやレーザー治療も積極的に行っており、設備的にも充実した環境が備わっている。
その他、外科・整形外科・口腔外科など各科との共同治療も積極的に行っており、様々な症例を経験できると共に、名古屋大学形成外科との密接な連携により、大学での最先端の治療実習や他病院での臨時研修も可能である。

 

一般目標
 

1.  日本形成外科学会専門医の取得に必要な形成外科的専門知識及び技能を深める。
2.  患者にとって最善の医療を提供できる良き医療者となる。

 

行動目標
 
1年目

形成外科領域の基本的知識、処置技術の習得
    @外来診療において患者との良好な信頼関係が構築できる。
    A熱傷や外傷患者の入院管理、術前・術後管理ができる。
    B救急外来における形成外科的疾患の診断ができる。
    C学会発表ができる。    

2年目

基本手術における術者としての知識・技術の獲得
    @外来診療において的確な病状把握と診断ができる。
    A局麻手術などの小手術において確実に処置・手術が可能となる。
    B上級医の指導の下、全麻手術を術者として実施できる。
    C他科医師やコメディカルと有意義なカンファレンスを開く能力を身に付ける。

3年目

専門医としてのより高度な医療知識・技術の獲得
    @頭頸部再建やマイクロサージャリーの術者として適切な手術手技を獲得する。
    A1年目、2年目専攻医の指導ができる。
    B日本形成外科学会専門医の取得準備ができる。
    C論文作成ができる。  

 

週間スケジュール

 
午前
手術

1・3・5
手術

2・4
(美容外来)

回診
(外来)
手術
午後
外来

2・4
褥瘡回診

外来
手術

外来
レーザー外来

 

見学等問い合わせ先  

風戸 孝夫 kazeto@yokkaichihp01.jp
All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。