市立四日市病院 TOP

ようこそ、看護部へ!

看護部長あいさつ ■看護部理念

副院長兼看護部長あいさつ

 市立四日市病院は、三重県北勢地域の急性期病院として、地域医療の質向上への貢献と保健・福祉サービスとの連携を推進する役割を担っています。看護部では、「やさしさ・信頼」この理念を実現するために、一人ひとりが市立四日市病院の看護部職員であるという誇りとやりがいを持ち、活き活きと看護実践できる職場環境を整えることが大切だと思っています。

働きやすい職場を目指しワークライフバランスを推進

 職場は人にやさしく、安全であることが基本だと思います。働き続けられる環境づくりのため、7対1看護体制の継続、院内保育所の支援、育児短時間勤務制度などの採用、更には、夜間勤務の負担軽減に向けて、変則二交代(12時間の交代勤務)、パートナーシップ看護体制(PNS)の実施に取り組んでいます。

安心して就職できる教育システムの構築

 新人看護職員の教育には、臨床研修を整備し、さらに中途採用者や潜在看護師にも教育を行うなど、安心して就職できるシステムを構築しています。新人ナースを支えるサポート体制やPNSにより知識・技術面だけでなく、メンタル面のサポートにも力を入れています。患者と向き合い、「考える力」のある看護師を育成していきたいと思います。

このページのトップへ

看護部理念

看護部理念

『やさしさ 信頼』

 市立四日市病院憲章を基盤に、人間としての尊厳と権利を尊重し、患者さんや家族及び地域の方々の幸せを願うやさしい心と信頼される確かな知識と安全な技術により、質の高い看護を提供します。

基本方針

私達は
  1. 相手を尊重し、公平で思いやりのある態度で接します。
  2. 安全で安楽なケアを提供し、事故防止に努めます。
  3. 患者・家族の生活の質を重視し、満足度の高い看護を追求します。
  4. チーム医療を推進し、地域連携・継続看護の充実を目指します。
  5. 専門職としての責任と使命を自覚し、自己研鑽を重ね、人間生豊かな看護師を目指します。
  6. 病院経営計画に基づき、経済性・効率性を考慮して改善に努めます。
このページのトップへ
お問い合わせ先 対応時間 平日9:00-17:00 市立四日市病院 総務課 059-354-1111 内線 5211 担当:福利厚生・給与担当 市立四日市病院 看護部 059-354-1111 内線 5035・5036 yasasisa@yokkaichihp01.jp 担当:看護部 採用担当