市立四日市病院トップページ > 救急救命士の気管挿管実習へのご協力のお願い

手術を受けられる患者さんへご協力のお願い


救急救命士イメージ 今、三重県内のいくつかの病院では、手術室内において全身麻酔時に救急救命士が気管挿管を行う実習を行っております。当院でも、地域の救急医療の向上に貢献するため、救急救命士の実習受け入れに積極的に協力することといたしました。そこで全身麻酔を受けられる患者さんに、この実習に関するご協力をお願いいたしております。

 厚生労働省と総務省消防庁、医学会代表者、有識者が集まって、救急現場において心臓が止まってしまっている人の救命率を向上させることを検討した結果、救急救命士による「気管挿管」(息の通り道である気管に直接、チューブを挿入すること。)が実施されることとなりました。同様の目的ですでに救急救命士による医師の指導の下での除細動(電気ショックによる処置)が実施され、救命率の改善をみております。

 日本においては医師が救急現場に直接出て行く制度を実施している地域は非常に少なく、多くの地域で病院外での救急処置は救急隊にゆだねられています。救急隊員の中でも特別の教育を受け、国家試験に合格したものが救急救命士となります。その中でも選ばれて更に教育を受け、人形を使用した気管挿管実習を行い、実習試験に合格した者が病院における気管挿管実習を受けることとなっています。従って実習にあたる救急救命士は、現場での救急業務を経験し、考え得る全ての教育を受けた、十分能力のある者といえます。

 実習に際しては、手術前に必ず患者さんに麻酔科専門医師と救急救命士からご説明します。そこで、同意いただいた場合に手術室での気管挿管実習を行います。手術室においては、麻酔科専門医師が常時付き添って指導にあたり、通常の麻酔科医が行う際と同様の安全性を確保しながら実習を行います。

 誰もが不測の事態の中で急に心臓が止まり、救急隊の処置に身を任せる可能性が少なからずあり、救急の現場にいる救急救命士の能力が生命を左右する可能性が十分にあります。ですから救急救命士の能力を高めることはとても重要なことです。

 このようなことから、救急救命士による病院での気管挿管実習について、全身麻酔手術を受けられる患者さんのご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

市立四日市病院
病院事業管理者 兼 院長 一宮惠

 




市立四日市病院

〒510-8567 三重県四日市市芝田2丁目2番37号
TEL 059-354-1111

All Rights Reserved. Copyright(C) 2006 市立四日市病院. 各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。